【カムプログラムロボット工作セット】カムプログラム関連部品の取り外し手順

カムプログラムロボットの部品の取り外し手順は一度ブログの記事にしたことがあるのですが、問い合わせがちょくちょくあるので、取り外し部分だけを1つの記事にしておきたいと思います

これが元の状態

カムプログラム関連部品の取り外し手順

このカムプログラムロボットの心臓部とも言えるパーツ(プログラムバーギヤケース)を取り外します

カムプログラム関連部品の取り外し手順

プログラムバーギヤケースと右側のクローラーが六角シャフトで繋がっているので、まずそこを取り外していきます

このオレンジのパーツがギヤケースと繋がっています

カムプログラム関連部品の取り外し手順

履帯を取り外して・・・

カムプログラム関連部品の取り外し手順

青いパーツも取り外します(3x8mmタッピングビス2本を取り外し)

カムプログラム関連部品の取り外し手順

問題のオレンジのパーツを引っ張って取り外します。このパーツは後ほど使うので置いておきます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

次は電池ケース部分とモーターとの配線を取り外します

カムプログラム関連部品の取り外し手順

配線を全て取り外すと、屋根部分が取り外せます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

モーターから出ているコード(青・黄色 各2本)が邪魔なので横に流します

カムプログラム関連部品の取り外し手順

タミヤのロゴが入った顔パーツとサイドフレームを取り外します。これでプログラムバーギヤケースが取り外しやすくなりました

カムプログラム関連部品の取り外し手順

ギヤケースを取り外します(3x8mmタッピングビス4本の取り外し)

カムプログラム関連部品の取り外し手順

電子基板で動かす場合はこのパーツはもう使いません。またプログラムバーで動かす時の為に大事に残しておきます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

先ほどクローラーから取り外したパーツを用意します

カムプログラム関連部品の取り外し手順

3x50mm六角シャフトを抜きます。グリスで滑るのでペンチなどで引き抜きます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

次に、カムロボットの作成時には使っていなかった2つのパーツを用意します。3x27mm六角シャフトとW1のオレンジのパーツです

カムプログラム関連部品の取り外し手順

3x27mm六角シャフトをオレンジのパーツに差し込みます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

で、元の位置に取り付けて、オレンジのパーツで止めます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

履帯と青いカバーを戻します

カムプログラム関連部品の取り外し手順

これで取り外し完了です。スッキリ

カムプログラム関連部品の取り外し手順

あとは、この空いたスペースに電子基板などを乗せていけば、プログラミングでコントロールすることができます

カムプログラム関連部品の取り外し手順

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下
トップへ戻る