【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム2(全3回)

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

続きです

複数ふくすうのスプライトが重かさなったシルエットから、元もととなるスプライトを当あてるゲームです。ジグソーパズルのように、シルエット...
スポンサーリンク
Google336 記事下

問題もんだいつくろう

全部ぜんぶで3もん出題しゅつだいするので、現在げんざい問題番号もんだいばんごう管理かんりする変数へんすう問題番号もんだいばんごう」を作成さくせいします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

スタートボタンにスクリプトを作成さくせいします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

シルエットのスプライトをわせて、問題もんだい作成さくせいします。1問目もんめは「ねこ」と「いぬ」のシルエットをわせることにします

問題もんだい利用りようするシルエットのスプライトに、スクリプトを作成さくせいして表示ひょうじするようにします。今回こんかいは「いぬ かげ」「ねこ かげ」の2つにスクリプトを作成さくせいします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

問題もんだい利用りようしないシルエットのスプライトは非表示ひひょうじになるようにします。「かえる かげ」「むし かげ」「ペンギン かげ」「ひとで かげ」「ユニコーン かげ」の5つは非表示ひひょうじにします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

これでスタートボタンをすと、「ねこ」と「いぬ」のシルエットだけが表示ひょうじされます

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

この状態じょうたいでシルエットのスプライトをドラッグして問題もんだいつくります

このようにしてみました

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

「x座標ざひょうを○、y座標ざひょうを○」ブロックに座標ざひょう入力にゅうりょくされているので、「問題もんだいす」をったときのスクリプトに追加ついかします。これは「いぬ かげ」スプライトです

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

今回こんかいは2つの「かげ」をわせているので、もう1つのスプライトにも座標指定ざひょうしていのスクリプトを追加ついかします。こちらは「ねこ かげ」スプライトです

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

スプライトにドラッグの処理しょりをいれよう

「いぬ」スプライトがシルエットの位置いちにドラックできたか(正解せいかいしたかどうか)を管理かんりするための変数へんすう正解せいかい」をつくります。スプライトごとに管理かんりするので「このスプライトのみ」にします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

ここでスプライトのドラッグについてすこ説明せつめいします

スプライトのドラッグの設定せっていはスプライトの設定画面せっていがめんの「プレイヤーでドラッグできるか」で変更へんこうできます。標準ひょうじゅんではオフです

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

「プレイヤーでドラッグできるか」のオン・オフにかかわらず開発画面かいはつがめん実行じっこうした場合ばあいすべてのスプライトをドラッグすることができるので注意ちゅうい必要ひつようです。完成かんせいしたプログラムは全画面ぜんがめんモードかプロジェクトページで動作確認どうさかくにんするようにしてくだい

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

今回こんかいは、スプライトをドラッグができる・できないをプログラムでえたいので、スプライトの設定せっていでは「プレイヤーでドラッグできるか」のチェックはオフにします(設定せってい変更へんこうしない)

「いぬ」スプライトにスクリプトを作成さくせいします。最初さいしょ座標指定ざひょうしていはスプライトの最初さいしょ位置いち指定していします。正解せいかいするまで(シルエットのスプライトの位置いち移動いどうするまで)ドラッグできるようにします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

これで動作確認どうさかくにんします。「いぬ」のスクリプトだけがドラックできるのが確認かくにんできます

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

ドラッグのプログラムはEテレ「Why!?プログラミング」の「No.15 おそろしのはなをさかせろ」かいくわしいのでてみてください
Why!?プログラミング 「No.15 おそろしのはなをさかせろ」

正解せいかい判定はんていしよう

スプライトがシルエットのスプライトの位置いちまでドラッグできたかを判定はんていするスクリプトを追加ついかします。さきほどのドラッグのスクリプトの「もし〜」ブロックを「もし〜でなければ」ブロックに変更へんこうして、「でなければ」に位置いち調しらべるスクリプトを追加ついかします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

チェックする座標ざひょうは5pxピクセル余裕よゆうたせています。これで、シルエットにぴったりわせなくてもある程度ていどちかくまでドラッグすれば正解せいかいになります

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

自分じぶんのシルエットまでドラッグできたら、変数へんすう正解せいかい」を1にして、メッセージ「正解せいかい」をおくります

ブロックがよこながくなるとにくくなるので、x座標ざひょうとy座標ざひょうのチェックを「もし〜」ブロックを2つ使つかっておこなっていますが、「かつ」で1つにまとめても問題もんだいありません

「いぬ」スプライトのスクリプトができたので、「ねこ」スプライトにスクリプトをコピーします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

「ねこ」にコピーしたスクリプトのあかかこった部分ぶぶん変更へんこうします

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

そのほかのスプライトにもコピーして赤枠あかわく部分ぶぶん変更へんこうします

ゲームクリアをチェックしよう

背景はいけいにスクリプトを作成さくせいします。正解せいかいしたときおとらします。スプライトを「かげ」の位置いちにドラッグできたときに「pop」、全部ぜんぶのスプライトをシルエットにドラッグできたときに「clapping」をらします

背景はいけいには最初さいしょから「pop(ポップ)」が設定せっていされているので、「clapping」をおとライブラリーからみます

おと」タブをえらび、あたらしいおとの「おとをライブラリーから選択せんたく」をえらんで・・・

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

ひと」カテゴリーにある「clapping」をえらびます

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

変数へんすう正解せいかいしたかず」をつくります。正解数せいかいすう管理かんりする変数へんすうです

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

背景はいけい」にスクリプトを作成さくせいします。今回こんかいは「ねこ」と「いぬ」の2つのスプライトを使つかっているので、正解数せいかいすうが2ならクリアとなります

【Scratchチュートリアル】シルエットゲーム

これで「いぬ」と「ねこ」をシルエットのスプライトの位置いちにドラッグすると拍手はくしゅおとながれます

つづきます

つづきです 演出えんしゅつを追加ついかしよう 問題もんだいを出題しゅつだいする時ときに画面がめんを暗くらくす...
関連コンテンツ
スポンサーリンク
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る