【レゴエデュケーション SPIKE プライム】犬のキキ

LEGO SPIKEで「犬のキキ」と作ってみました。カラーセンサーを使ったプログラムを試すことができます

あまり犬っぽくないような・・・

くるくる向きを回転させることができます。カラーセンサーはLEGOブロック以外の色も判別できます

Scratchのようなビジュアルプログラミング環境(ワードブロック)でプログラミングできます

左ボタンを押してプログラムスタート、青色に反応して音を鳴らす、黄色に反応して音を鳴らす、緑色に反応して音を鳴らす・・・というプログラムです。効果音がLEGOからではなく、タブレットやパソコンから鳴るのがちょっと残念

Scratch Jr.のような開発環境(アイコンブロック)も利用できます(こちらは、あまり複雑なプログラムは無理っぽいです)

Pythonでもプログラミングできます。エディタに入力補完機能がないのでちょっとしんどいです

from spike import PrimeHub, App, ColorSensor
from spike.control import wait_for_seconds

hub = PrimeHub()
app = App()
color_sensor = ColorSensor('B')

#左ボタンが押されるのを待ちます
hub.left_button.wait_until_pressed()

#青色を見つけるまで待ちます
color_sensor.wait_until_color('blue')
app.play_sound('Traffic')

#黄色を見つけるまで待ちます
color_sensor.wait_until_color('yellow')
app.play_sound('Ring Tone')

#緑色を見つけるまで待ちます
color_sensor.wait_until_color('green')
app.play_sound('Dog Bark 1')
app.play_sound('Dog Bark 1')
いろいろな開発環境が選べるのはいいですね
タイトルとURLをコピーしました