【プログラミング学習】ゲーム好きならこれ!「HackforPlay」

HackforPlay

ゲームをクリアしながらプログラミングが学べる「HackforPlay」にチャレンジしてみました。

Let's start programming fun! - たのしくプログラミングをはじめよう!

ゲームが好きなら、裏技を使ってすごい威力の剣を作ったり、ボスキャラを最弱にしてみたいなどと考えたことがあるのではないでしょうか。「HackforPlay」では用意されているプログラムを修正して、ゲームの世界を変更しながらステージをクリアしていきます

Google336 記事下

では実際にチャレンジ

「旧ハックフォープレイ」を選びます

HackforPlay

最初のステージは操作方法を覚えるステージ。画面左の十字キーで上下左右、右の剣のボタンで剣を振り下ろします。パソコンの矢印キーとスペースキーで操作することもできます

HackforPlay

次のステージからが本番です。スライムと芋虫のHP(ヒットポイント・体力)の数字が大きい(すごく強い)です。これはバグですね。修正しましょう

HackforPlay

slime.hp = 999;
insect.hp = 9999;

これを書き換えます。

slime.hp = 1;
insect.hp = 1;

両方1にしました。簡単に倒せそうな小さな数字なら何でもいいです。マイナスの値を指定することもできます。正解が1つじゃないのもいいですね

書き換えが終わったら「コードをおくる」ボタンを押してゲームの世界に反映させます

HackforPlay

敵キャラを倒して、無事ステージクリアできました

HackforPlay

次の面。今回も敵がすごく強いです

HackforPlay

今回は自分を強くします

HackforPlay

宝石が取れました

HackforPlay

クリアです

HackforPlay

次はちょっと変わって、自分のいる場所(座標)を操作します

HackforPlay

ソースコードを変更すれば瞬間移動も可能です

HackforPlay

といった感じで、ゲームの世界のバグを修正しながらステージをクリアしていきます。子どもが喜びそうな内容ですね。他にもハックフォープレイのステージを自分で作れるキットも用意されています。ゲーム好きの子どもならきっと夢中になると思います

Let's start programming fun! - たのしくプログラミングをはじめよう!
関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る