Win10版マイクラ MakeCode作例2

Windows10版MinecraftのMakeCodeでのプログラミングの続きです

Windows10版MinecraftのMakeCodeでのプログラミングの続きです。チュートリアルは一通り試しましたが、それ以外の作例も試...
スポンサーリンク
Google336 記事下

Agent Wall

Win10版マイクラ  作例

エージェントを使って、大きな壁を作るプログラム。コマンド入力後にプレイヤーを素早く移動させないと、きれいな壁になりません(右の壁が失敗作)

Win10版マイクラ  作例

エージェントのスロット1にブロックを持たせる必要があります

Agnet Tower

Win10版マイクラ 作例

エージェントを使って、筒状の塔を作るプログラム。四角形のブロックを10個積んでいくわけですが、ちょうど四角形が完成する4つめの辺で、作成済みのブロックとエージェントがぶつかってしまい、普通だとうまく四角形になりません。ここで「動きながら壊す」ブロックが活躍します

Win10版マイクラ 作例

エージェントのスロット1にブロックを持たせる必要があります

Agent Checkers

Win10版マイクラ 作例

チェック模様を作るプログラム。ブロックの切り替えと、端に来た時のUターンの処理がポイント

Win10版マイクラ 作例

エージェントのスロット1と2にブロックを持たせる必要があります

Win10版マイクラ 作例

Win10版マイクラ 作例

Have your agent build a checkers board. Make sure slot 1 and 2 have blocks!

Agent Wanderer

Win10版マイクラ 作例

エージェントをランダムに動かして、歩いた後にブロックを設置するプログラム

Win10版マイクラ 作例

エージェントのスロット1にブロックを持たせる必要があります

The Agent randomly walks around leaving a trail of blocks.

Agent Pyramid

Win10版マイクラ 作例

引数をつけることでピラミッドの大きさが変更できます。左がpyramid 8、右がpyramid 7
引数はピラミッドの一番下の段の一辺の長さ-1の数値です

Win10版マイクラ 作例

エージェントのスロット1にブロックを持たせる必要があります

Agent Fractals

Win10版マイクラ 作例

フラクタル図形の1つであるヒルベルト曲線の形にブロックを組むプログラム。JavaSriptの関数を呼び出しています。完成までに結構時間がかかります。hilbert(3, 1, 2) くらいがちょうど良いです

Win10版マイクラ 作例

エージェントのスロット1にブロックを持たせる必要があります

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る