「Raspberry Pi Zero ケース」を使ってみた

「Raspberry Pi Zero ケース」を使ってみました。購入したのは「miniHDMI変換アダプタ」と「USB-microB OTGケーブル」がセットになっているもの。ラズパイ Zero W単体では入手しにくいですが、このセットなら簡単に手に入ります

セットに含まれるのはこの通り

  • Raspberry Pi Zero W
  • Raspberry Pi Zero ケース
  • HDMI変換アダプター mini HDMI -> HDMI アダプター
  • USB変換ケーブル USB 2.0 OTG micro USB -> USB A
  • カメラモジュール用フレキシブルケーブル
  • ゴム足

Raspberry Pi Zero ケース

このようなピッタリサイズ。ツメでカチッとハマるのでしっかり固定されます

Raspberry Pi Zero ケース

底にゴム足が貼り付けられるようになっています

Raspberry Pi Zero ケース

スポンサーリンク
Google336 記事下

トップカバーは3種類

使い方に合わせたトップカバーが3種類用意されています

標準カバー

これは普通のトップカバー。GPIOピンを取り付けるとカバーが閉まりません

Raspberry Pi Zero ケース

Raspberry Pi Zero ケース

カメラ用カバー

カメラモジュールを取り付ける場合のトップカバー。これまたGPIOピンを取り付けるとカバーが閉まりません

Raspberry Pi Zero ケース

レンズ部分がピッタリ!

Raspberry Pi Zero ケース

GPIO用カバー

GPIOピンを取り付けた場合のトップカバー

Raspberry Pi Zero ケース

Raspberry Pi Zero ケース

というわけで、このケースを使う場合はカメラとGPIOピンは併用できません

変換アダプタとOTGケーブル

問題なくサクッと挿さりました

Raspberry Pi Zero ケース

USBは1つしかないので、マウスとキーボードを繋ぎたい場合は別途USBハブが必要です。ラズパイ Zero自体はめちゃくちゃ安いですが、実際利用しようとすると色々コストがかさみますね

Raspberry Pi Zero ケース

接続するとこのようになります

Raspberry Pi Zero ケース

使ってみて

スイッチサイエンスさんのサイトに取り付け方法のページが用意されています

Raspberry Pi Zero Wと同時にリリースされたRaspberry Pi Zero用公式ケースを発売します。トップカバーが三種類、カメラ用のフレキシブルケーブルが付属してこの価格は驚きです

このページで

・miniHDMIアダプタが奥まで挿さらない
・カメラモジュールの取り付けができない

という2つの問題点があげられていますが、今回自分の使ったケースでは両方とも問題ありませんでした。発売から随分たったので改善されたのかもしれません

ケースだけだと648円。この値段でこのクオリティなら文句なしです

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る