GPIO Hammer HeaderでラズパイZero WにGPIOピンを取り付ける

GPIO Hammer Header

Raspberry Pi Zero WにGPIOピンを取り付けました。半田付けは苦手なので、今回使ったのは「GPIO Hammer Header(GPIOハンマーヘッダー)」。名前の通り、ハンマーで叩いてGPIOピンを取り付けることができるキットです

含まれるのはこのパーツ

  • ピンヘッダ(2×20)
  • ピンソケット(2×20)
  • アクリル製取り付け用治具セット
  • 金属製ボルト x2
  • ナット x3

GPIO Hammer Header

以前はナイロン製のボルトが付いていたようですが、現在は金属製のボルトが付いています。なので、ネットで見つかる情報とはちょっと異なるので注意が必要です

ラズパイ Zero Wを用意します

GPIO Hammer Header

ラズパイ3 model Bと並べてみます。すごく小さいですね

GPIO Hammer Header

これが今回取り付けるピンヘッダ

GPIO Hammer Header

というわけで、今回使うのはこのパーツ。金槌は100均で買ってきました

GPIO Hammer Header

Google336 記事下

組み立て

ロボットの顔みたいなプレートにボルトを通します

GPIO Hammer Header

ラズパイ Zero Wを上に載せます

GPIO Hammer Header

ナットを取り付けて、ボルトをマイナスドライバで回してしっかり取り付けます

GPIO Hammer Header

穴が2つあいたプレートを・・・

GPIO Hammer Header

下に敷きます。これでボルトの頭部分がプレートの穴にはまって安定するようになります

GPIO Hammer Header

こんな感じ

GPIO Hammer Header

GPIOピンを載せます

GPIO Hammer Header

その上に細長いプレートを載せて・・・

GPIO Hammer Header

金槌でまんべんなく叩きます

GPIO Hammer Header

こんな感じかな?

GPIO Hammer Header

ピンが取り付けられたら、パーツを分解して・・・

GPIO Hammer Header

完成です

GPIO Hammer Header

LEDを繋いだら無事点灯しました!問題なしですね

GPIO Hammer Header

失敗したら?

お恥ずかしい話、ナットをラズパイの下に取り付けるという大失態をしてしまい、ピンの取り付けに失敗してしまいました(^^;

GPIO Hammer Header

ピンが少し歪んでしまったのですが、 取り付けたピンを裏から金槌で叩いたら取り外すことができました。取り付けも簡単ですが、取り外しも簡単な初心者にオススメのキットです

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る