Raspberry PiにIchigoJam BASICをインストールしてみた

Raspberry piで動作するIchigoJam(IchigoJam BASIC RPi)をインストールしてみました

IchigoJamはBASICでプログラミングできるマイコンボード。IchigoJam BASIC RPiはこのIchigoJamのソフトウェアのRaspberry Pi版です

ソフトウェアは公式サイトから無料でダウンロードできます

スポンサーリンク
Google336 記事下

SDカードにインストール

32GB以下のSDカードをFAT32かFAT16で初期化(フォーマット)します。よくわからなかったらSDメモリカードフォーマッターでフォーマットすればOKです

SDメモリカードフォーマッター はSDAが発行したSD File System Specificationに準拠して、SDメモリカード、SDHCメモリカード、およびSDXCメモリカード(以下SD/SDHC/SDXCカードと称します)をフォーマットします。

先ほどダウンロードしたファイルを解凍してできたファイル一式をSDカードにコピーします
利用するキーボードに関する設定はkeymap.txtで行えます。USキーボードならus、JPキーボードならjp

あとは、このSDカードをラズパイに挿して起動すれば準備OKです

起動!

ラズパイのOSに比べるとすぐに起動します。画面はモニターサイズに引き延ばされるため、少し文字がぼやけて見えますが、文字が大きくて読みやすいです

Raspberry PiにIchigoJamをインストール

試しにラズパイのLEDを点灯させるプログラムを実行してみます

LED 1

点灯しました

Raspberry PiにIchigoJamをインストール

消してみます

LED 0

消えました

Raspberry PiにIchigoJamをインストール

今回使ったラズパイはRaspberry Pi Zero W。Zeroは一部のキーボードで反応が悪くなる現象が報告されているそうですが、自分の環境では問題ありませんでした

IchigoJamは起動するだけですぐにプログラミングできる状態になります。また、ネットに接続しないので子どもだけで利用しても安心です

すでにラズパイの環境が整ってる場合は、簡単にIchigoJamプログラミングを試すことができるのもいいですね。昔のパソコンみたいで懐かしくもあります

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る