Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

Macの共有フォルダにファイルを置いて、同じネットワークのWindowsユーザーにアクセスしてもらいたかったんですが、すんなり行かなかったのでメモしておきます

「ちょっとファイル共有したから見てみて〜」という感じで使うのが目的。自分自身はMacの管理者であることを想定しています

スポンサーリンク
Google336 記事下

「ユーザーとグループ」で管理者じゃないユーザーを作る

WindowsからMacの共有フォルダにアクセする場合、ユーザー名とパスワードが必要になるのですが、管理者ユーザーでログインすると「ユーザーのホームディレクトリ」と「共有フォルダ」、それと「ハードディスクが丸ごと」Windowから見えてしまいます

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

ハードディスクが丸見えです

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

さすがに、ファイルを作ったり削除したりはできませんが、見えるのは嫌ですね

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

ホームディレクトリも丸見え(というか、UNIX的に考えると、そのユーザーでログインしてるからホームが見えるのは当然のような気がしなくもないけど)

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

ホームディレクトリはファイル共有時のアクセス権限の設定の影響は受けず、ファイルの作成も削除もできます

Windowsでホームディレクトリにフォルダをつくってみました。問題なく作れます

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

それを削除してみました。削除も問題無し

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

ホームディレクトリに関しては何の制限もないので、他人と共有するのは考えものです

ファイル共有で設定したディレクトリにはちゃんとアクセス制限がかかります。「読み出しのみ」に設定にした場合は、ファイルの作成・削除はできません

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

アクセス制限は共有フォルダに設定したフォルダにしか設定できないようです。そういうわけなので、Widowsからのアクセス専用のユーザーを作ることにします

「ユーザーとグループ」でアカウントを作成する

システム環境設定の「ユーザーとグループ」で「通常アカウント」のユーザーを作ります

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

ユーザー「たこ社長」をつくりました

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

「共有」で「ファイル共有」をONにする

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

「共有フォルダ」や「読み/書き」などのアクセス権限はお好みで

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

オプション。Windowsからの接続なのでSMBだけでいいです。AFPは必要ありません

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

Windowsから接続する

エクスプローラーの「ネットワーク」からMacが見えているはずなのでクリックします
すると、ユーザーIDとパスワードを聞かれるので、先ほど作成したユーザー名でログインします

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

これでWindowsからMacの共有フォルダにアクセスできます
ログインしたユーザーが管理者じゃないのでハードディスクは見えません

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

問題点

この共有フォルダにWindowsでファイルを作成した場合、今回作成したユーザー(たこ社長)のアクセス権限が設定されます。なので、Macからは別のユーザーでアクセスすることができません。管理者でも無理です

ただし、管理者ならファイルのアクセス権限を変更できるので、ファイルのプロパティから変更すればアクセスできるようになります

Macの共有フォルダにWindowsからアクセスする

大量のファイルだとターミナルからchmodで一括変換したほうが早いですね

いずれにしても、Windowsユーザーにファイルを渡したいときにだけ利用したほうが良さそうです

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る