【既存の教科でプログラミング10】1から100の和を工夫して求める・角を書く・百人一首

既存の教科でプログラミング

娘の教科書をみながらプログラムを取り入れられそうな課題を考えてみました

スポンサーリンク
Google336 記事下

【算数】1から100の和を工夫して求める

既存の教科でプログラミング

1から100までの和を工夫して計算するプログラム。ガウスの使った計算方法を使います

1000000などの大きな数字だと、ループを使って繰り返して計算した場合と比較すると、計算時間にかなりの差が出ます(計算量が全然違うので当たり前ですが)

逆に10000くらいまでなら工夫しなくてもあまりスピードは変わりません。こういう場合、可読性(プログラムの読みやすさ)を考えて、ループを使ったプログラムの方を採用するのもありです

Scratcg 1から100の和を工夫して求める

東京書籍 新しい算数 4下
111ページ 算数おもしろ旅行
天才数学者 ガウスのアイディアと昔の日本の数学

【算数】角をかく

既存の教科でプログラミング

角を書くプログラムです。猫の向きを回転させればいいだけなのでプログラム的にはすごく簡単です

Scratch 角をかく

新編 新しい算数 4下
21ページ「角の大きさの表し方を考えよう」

【国語】百人一首に親しもう

既存の教科でプログラミング

上の句に続く下の句を3つの選択肢から選ぶクイズです。リストと乱数を使用しています。作成後は百人一首の勉強にも使えます

百首全てリストに登録済みなので、一から百人一首のプログラムを作りたい場合は、リミックスしてリスト(「上の句」「下の句」)以外を削除して利用してください

既存の教科でプログラミング

Scratch 百人一首に親しもう

光村図書 国語 四下
132ページ 百人一首に親しもう

関連コンテンツ
スポンサーリンク
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る