【LEGO WeDo2.0】Scratchでプログラミングして曲を演奏する

LEGO WeDo 2.0は専用アプリの他に、Scratchでもプログラミングすることができます

LEGO WeDo2.0とScratch

今回はWeDoの専用アプリでは使えないけれどScratchでは使える、メロディを奏でる機能を使ってみました

LEGO WeDo2.0とScratch

専用アプリにも音を鳴らすブロックは用意されていますが、これはあらかじめ用意された28個のサウンドから選んで、専用アプリを動かしている端末のスピーカーから鳴らす機能。なので、あまり自由度がありません

LEGO WeDo2.0とScratch

Scratchでプログラミングすれば自由に曲を演奏できます。それもWeDo本体から音が出ます(すごく音が小さいけれど)

LEGO WeDo2.0とScratch

実際の動画はこちらです。音がすごく小さいです

本体から音が鳴らせるので、傾きセンサーと連動してメロディを奏でるとか、工夫次第で面白いことができそうです

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下
トップへ戻る