【既存の教科でプログラミング授業】小学4年生 算数「1から100の和を工夫して求める」

【既存の教科でプログラミング授業】1から100の和を工夫して求める

1から100までの和を工夫して計算するプログラム。ガウスの使った計算方法を使います

10000000のような大きな数字だと、ループを使って繰り返して計算した場合と比較すると、計算時間にかなりの差が出ます

【既存の教科でプログラミング授業】1から100の和を工夫して求める

逆に10000くらいまでなら工夫しなくてもあまりスピードは変わりません。こういう場合、可読性(プログラムの読みやすさ)を考えて、ループを使ったプログラムの方を採用するのもありでしょう

Google336 記事下

参考

東京書籍 新しい算数 4下
111ページ 算数おもしろ旅行
天才数学者 ガウスのアイディアと昔の日本の数学

プロジェクト

Scratch 1から100の和を工夫して求める ver.1.0.0

オフライン版のScratchで利用したい場合は、こちらのファイルをダウンロードしてください

オフライン版のScratch2の「ファイル」メニューの「開く」から読み込んでください

教科書プログラミング

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る