LINE entryとScratchの違い【機能編その4】

LINE entryとScratchの違い

LINE entryとScratchの違いのまとめ、4回目です

端の種類

LINE entryでは端の判定で、上・下・左・右を別々に扱うことができます

LINE entryとScratchの違い

なので、このように左端から右端まで動かすプログラムがつくれます

LINE entryとScratchの違い

Scratchでは上下左右の端の区別ないため、このようなプログラムはうまく動作しません

LINE entryとScratchの違い

不等号

LINE entryには不等号に「<=」と「>=」が用意されています

LINE entryとScratchの違い

Scratchには「<=」と「>=」がないので、「>」「<」と「=」を組み合わせる必要があります LINE entryとScratchの違い

音楽ブロック

Scratchでは、機能拡張で音楽ブロックを利用することができます

LINE entryとScratchの違い

LINE entryでは拡張ブロックには「翻訳」しかありません

LINE entryとScratchの違い

カメラの利用

Scratchではカメラの映像を使ったプログラムを作ったり・・・

LINE entryとScratchの違い

カメラ映像から素材の作成ができますが、LINE entryにはカメラを使った機能は用意されていません

LINE entryとScratchの違い

Scratch 3.0に対応した書籍です

タイトルとURLをコピーしました