【Scratch】ジョイスティックのスプライト

【Scratch】ジョイスティック スプライト

タブレットでの入力用に使えるジョイスティック風のスプライトを作ってみました

【Scratch】ジョイスティック スプライト

「Joystick」と「JSボタン」という2つのスプライトで構成されています。Joystickというスプライトを画面の好きな場所に配置すれば、その位置にJSボタン12個が自動で配置されます

【Scratch】ジョイスティック スプライト

ジョイスティックを操作すると「方向の入力」というイベントが呼ばれ「方向」という変数に角度が入ります。方向は上が0、右が90、下が180、左が270です

【Scratch】ジョイスティック スプライト

プロジェクトはこちらです。サンプルとしてペイントのプログラムを設定しています
ジョイスティック Scratchで作成

Scratchでは2点以上の同時タップ(クリック)が判定できないため、2つ以上のボタンを同時に押すことができません。ジョイスティックと他のボタンを併用する場合はご注意ください

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下

コメント

  1. 二階堂朱哩 より:

    はじめまして。「うまい棒」「イラスト」でたどり着きました。
    「おいしい棒」!クオリティがすごい!お借りします^^

    プログラミング、出来るようになったらいいな・・・
    でも今から勉強なんて無理だろうな・・・と思っていましたが、
    子供向けから入ったら理解できるかな?
    それでも難しそうです^^;

    • inafuku より:

      コメントありがとうございます!
      Scratchは子どもだけでなく、大人がプログラミングを始めるのにも最適な環境だと思います
      僕も大人になってからプログラミングをはじめました
      コツコツ勉強していけばスマホのアプリも作れるようになります
      ぜひチャレンジしてみてください!

トップへ戻る