【Raspberry Pi】宇宙でラズパイ「Sense HAT」を買いました

Sense HATを買ったよ!

Sense HATはRaspberry Piを宇宙空間で使うことを想定して作られたアドオンボード。Astro Piというプロジェクトで実際に宇宙で利用されました。これはワクワクしますね

Astro Pi is an annual science and coding competition where student-written code is run on the International Space Station!

同梱物はこんな感じ。ネジとスペーサーが付いていました。付属していない製品もあるようなので、購入するときは付属品に含まれているかチェックしたほうがいいです

Sense HATを買ったよ!

まず、Raspberry Piに4つのスペーサーを固定します

Sense HATを買ったよ!

これがSense HATの裏。このソケットをRaspberry PiのGPIOピンに差し込みます。これがなかなか大変でした

Sense HATを買ったよ!

ゆっくりぎゅーっと押し込んで差し込みます。一度差し込むと簡単には取れないので注意です

Sense HATを買ったよ!

奥までさされば、ネジで固定してセットアップ完了です

Sense HATを買ったよ!

Raspberry Piの電源を入れるとLEDが7色に光ります

Sense HATを買ったよ!

Google336 記事下

Sense HATのエミューレータ

Raspberry Piにはソフトウェアエミュレータが付属しています

Sense HATを買ったよ!

Sense HATを買ったよ!

ブラウザで実行できるバージョンもあります。こちらは最近バージョンアップされて、マウスでグリグリ動かすことができるようになりました。↓の右矢印ボタンを押すと実行されます

たくさんセンサーがついているのでいろいろ楽しめそうです

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る