【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

こちら↓にある作例をためしてみました。AボタンとBボタンの処理が入れ替わるという手品風プログラムです

Build a magic trick that uses the micro:bit’s compass to detect a nearby magnet!

動画を見ていただくのが一番です

手品のタネは磁石。磁石をmicro:bitに近づけることで測定する磁力が大きくなり、それをトリガーにしてAボタンとBボタンの機能を入れ替えています

プログラムはこうです

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

「磁力」のブロックは「入力」の「さらに表示」の中にあります

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

「絶対値」のブロックは「計算」の「More…」の中にあります

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

磁力がどのような数値になっているのかシリアル通信で調べてみました

ちなみにパソコンとシリアル通信する方法はこちらです

chibi:bitとWindowsとでシリアル通信する方法を公式サイトを参考に試してみました Serial - PXT Ma...
chibi:bitとMacとでシリアル通信する方法を公式サイトを参考に試してみました Serial - PXT Chrome...

このプログラムを実行してみました

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

通常ではこのとおり。40くらい

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

磁石を近づけると数値が大きくなりました。ボタンの機能も入れ替わっています

【micro:bit】ボタンの機能が入れ替わるトリックプログラム

磁石を隠して一人でやるのはテクニックが必要ですが、友達に操作させたら通常動作、自分が操作するとボタンの機能が入れ替わるというのでも面白いですね。ボタンの機能の入れ替え以外にも色々使えそうです

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る