【micro:bit】「micro:bit用電池モジュール」を購入

micro:bit電池モジュール

micro:bitの電池モジュールを購入しました。スイッチエデュケーションさんから販売されているmicro:bitモジュールの1つです

micro:bit用電池モジュール 単4電池3本を使います。
Google336 記事下

パーツ

パーツはこの通り

micro:bit電池モジュール

  • 電池モジュール本体
  • micro:bit用ハーネス(15cm)
  • モジュール用ハーネス(15cm)
  • M3x18mm メタルスペーサ 5本
  • M3x10mm メタルスペーサ 5本
  • M3x5mm ネジ 5本
  • M3ナット 5本

今回はM3x18mmメタルスペーサ(長い方)とモジュール用ハーネス(ねじれてる方)は使いません

micro:bit電池モジュール

単四電池が3本必要です

micro:bit電池モジュール

組み立てる

組み立てました

micro:bit電池モジュール

バッテリーをセットして、ハーネスを接続します

micro:bit電池モジュール

スイッチオン!

micro:bit電池モジュール

無事起動しました!

micro:bit電池モジュール

感想

同じく乾電池で動作させることができる「電池ボックス」を持っていますが、コネクタが外れなくなる事がありました。今回の電池モジュールのコネクタは外れなくなることはありませんでした。その点だけでもこちらの製品をオススメしたいです

micro:bitに電池ボックスを接続したところ、コネクタが奥までサクッと挿さったのはいいのですが、使用後に外そうとしたらなかなか取...

電源のON/OFFが付いているのも便利です

唯一問題があるとしたら、リセットボタンが押しにくい点です。最初にペアリングするとき以外、リセットボタンを押す機会はあまりないから問題ないか・・・と思っていましたが、スマホ・タブレットのmicro:bitアプリからプログラムを転送するときにペアリングモード(A+B+リセットの長押し)にする必要があります

イギリスの子どもたちに配布されているmicro:bitが日本で発売されてしばらくたちました。まだ少し手に入りにくいようですが、少しずつ普及し...

一応、小指でギリギリ押すことができました。小4の娘にも試してもらいましたが、ちゃんと押せました

micro:bit電池モジュール

身近にあるもので押すこともできます。これはサーボモーターのサーボホーン

micro:bit電池モジュール

電池モジュールとmicro:bitとスマホがあれば、いつでもどこでもマイコンボードを使ったプログラミングができますね

micro:bit用電池モジュール 単4電池3本を使います。
関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る