プログラミングの自習型学習サービス「ポコタス★Do」にチャレンジ

ポコタス★Do

株式会社学研プラスが提供している、小学生から始める自習型プログラミング学習サービス「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」にチャレンジしてみました

無料でできる「エピソード0」と、買い切り1,200円(税抜)の「エピソード1」があります。今回チャレンジしたのは無料の「エピソード0」

冒険ストーリーを楽しみながらプログラミングを学習していきます。主人公はおなら発言を連発するハックくん

ポコタス★Do

ちょっと高飛車なコンパイラ姫とオウムのスティーブと一緒に16個の宝石を集めます

ポコタス★Do

Scratchのようなビジュアルプログラミング環境でプログラムを学習していきます。Google Blocklyがベースっぽいですね。コンパイラ姫の動きをプログラミングして、宝石を集めるとクリアです

ポコタス★Do

コンパイラ姫は花の上は歩けませんが、草の上は歩けるので、この↓ようなプログラムでもクリアできます。自由度が高いのはいいですね

ポコタス★Do

ちょっと気になったのが、コンパイラ姫が1回に歩く距離がわかりにくい点。歩く距離が増えてくると何歩動かせばいいのか非常にわかりにくいです。木を目安にすればわかりやすいのですが、もうちょっと近くに生えていてほしい・・・グリッド表示ができれば一番いいんだけど

ポコタス★Do

ブロックで作成したプログラムをJavaScriptのソースコードで見ることもできます

ポコタス★Do

エピソード0は全部で17ステップあります。クリアしたステップは何度でもプレイできますが、キャラクターのやり取りをもう一度見ないといけないのがちょっとつらいです(追記:スキップ機能がつきました)

ポコタス★Do

ステップ6からは回数指定するタイプのループ処理が登場します

ポコタス★Do

ステップ10から条件分岐が登場

ポコタス★Do

ステップ12からはif〜else〜タイプの条件分岐が登場

ポコタス★Do

ステップ14からは条件を満たすまで繰り返すタイプのループ処理が登場

ポコタス★Do

このような感じで、エピソード0でプログラミングの基本である順次・分岐・反復の処理を学ぶことができます

有料のエピソード1はステップをクリアしていくモードの他に、自由に創作できるフリーモードが用意されているそうです

エピソード0は無料なので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。↓のサイトの「体験版をプレイする」から会員登録なしでプレイできます

オンラインで学べる「ポコタス★Do」とは、プログラミングの基礎を楽しく学べる自習型の新しいサービスです。次々に事件が巻き起こる冒険ストーリーを楽しみながら、ブロックを使ったわかりやすいプログラミング環境で、将来にわたって役立つプログラミングが学べます。
関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下
トップへ戻る