【Scratch】ピョンキーでスクラッチキャットを使う

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

「ピョンキー」はScratch 1.4と同等の機能が使えるiPadアプリ

ピョンキーにはScratchでおなじみのキャラクター「スクラッチキャット」ではなく、「ピョンキー」というキャラクターがデフォルトで表示されます。違いは見た目と、組み込まれている音。スクラッチキャットの音は「ニャー」ですが、ピョンキーは「ポップ」です

プログラムを組む上では大きな問題はないのですが、学校でScratchを習ってきて、家でも同じようにスクラッチキャットを使ってプログラムを組みたい・・・という場合もあるかもしれません

Macの場合ですが、以下の手順で簡単にピョンキーでスクラッチキャットが利用できるようになります

スポンサーリンク
Google336 記事下

Scratch 1.4のスクラッチキャットを保存する

Scratch 1.4を起動して、スクラッチキャットのスプライトを右クリックして「このスプライトを書き出す」を選んで保存します。Scratch 2.0はスプライトの形式が違うので利用できません

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

Scratch 1.4はこちらからダウンロードできます

Make games, stories and interactive art with Scratch. (scratch.mit.edu)

iPadに転送する

保存したスクラッチキャットのスプライト(*.sprite)を右クリックして、「共有」の中の「AirDrop」を選びます

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

このようなダイアログが表示されるので、転送したいiPadを選びます

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

ピョンキーを起動していれば、ステージにスクラッチキャットが追加されます

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

iPad側でこのような画面が出るかもしれません。この場合は「ピョンキー」を選んでください

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

次からは

一度上記の操作を行えば、スプライトの読み込み画面の「受信箱」にスクラッチキャットが追加されます

ピョンキーでスクラッチキャットを使う

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る