Pixelmatorのカスタムシェイプを作成する

PixelmatorはMac専用のペイントソフト。フォトレタッチもできる万能ソフトです。CMYKは扱えないなど機能的にはPhotoshopには劣りますが、ウェブ用の画像作成くらいなら十分すぎる程の機能を持っています。

その上ソフト自体のデザインも美しくて創作意欲もぐんぐん湧いてきます。お値段も格安(何と3,000円 2013/11/25時点)。Macユーザーなら使わない手はありません!

このソフト、脱Adobeを目指してずいぶん前に購入していたのですが、操作が慣れないので使わない、使わないので慣れないという悪循環。これではいかんと言う事で、これからは積極的にどんどん使って行こうと思います。

今回はカスタムシェイプの作り方と、追加方法を説明します。
ちなみにシェイプっていうのは●とか■や★が一発で描けるツールです。

Google336 記事下

カスタムシェイプを作成する方法

まずコマンド+シフト+Vで「ベクターメーターモード」に切り替えます

Pixelmator

新たにシェイプを追加するときは「合成」か「切り抜き」モードを選びます
Pixelmator

描画したものが複数のレイヤーに分かれるとカスタムシェイプが作れないので、1つのレイヤーになるようにします
Pixelmator

作成したシェイプを全て選んで、シェイプパレットの右下の設定ボタンから「シェイプを追加」を選択します
Pixelmator

これでシェイプパレットに新しくシェイプが追加されます。
Pixelmator

作成したシェイプを誰かに渡したい場合は、シェイプパレットからそのままデスクトップにドラッグすると、シェイプファイルが作成されます。
Pixelmator

シェイプファイルから新たにシェイプを追加する方法

シェイプパレットにシェイプファイルをドラッグすれば追加されます
Pixelmator

もしくは、シェイプパレットの右下の設定ボタンから「シェイプを読み込む」を選んでファイルを指定すれば追加されます
Pixelmator

わかってしまうと何て事はないですが、直感的でわかりやすい操作ですね。

シェイプのカスタムファイルは以下のサイトから入手できます。

本家Pixelmatorのサイト
「Shapes」の「Custom Shapes」を選ぶと、追加シェイプのダウンロードリンクが表示されます。
Pixelmator

カスタムシェイプ集
Pixelmator Shapes

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る