ポッキーやビスコでプログラミングができる「GLICODE(グリコード)」

グリコード

ポッキーやグリコなどのお菓子を使ってプログラミングができる「グリコード」が公開されました。現在はAndroid版のみ公開されていますが、iOS版も公開されるようです。

お菓子を使うというのは面白いアイデアですね。商品の販促にもつながりますし、子どもも興味を持ってくれそうです。やるなぁグリコ。

スポンサーリンク
Google336 記事下

お菓子を並べてプログラミング

ハグハグというキャラクターを泣いている女の子の所に導きます

グリコード

お菓子を並べて写真を撮れば、プログラムが完成です

グリコード

グリコード

プログラムに使うお菓子は4種類

ビスコ

ハグハグがのぼったり、とびこえたりします

アーモンドピーク

ハグハグが小さくなったり、大きくなったりします

ポッキー

ハグハグの動く方向と、繰り返し回数を指示します

アソビグリコ

なくてもプログラムが組めますが、使うと何かが起こるみたい

チョコのお菓子は触りすぎるとベタベタしそうで、ちょっと心配

使うお菓子でコースを選べる

ビスコ・アーモンドピーク・ポッキーを使った3つのコースが用意されています。それをクリアすると3つのお菓子を組み合わせたプログラミングに挑戦できます

グリコード

グリコード

グリコード

グリコード

このアプリで、順次・分岐・反復というプログラムの基本の処理とランダム処理を学ぶことができます

お菓子が手元にないのでまだ試せていませんが、これは是非子どもと一緒にチャレンジしてみたいです。プログラムを考えながらポリポリ食べてしまってお菓子がなくなってしまった・・・何ていうことにならないように注意しないといけないですね

おかしを使って、だれでも簡単にプログラミングが学べる!おいしいプログラミング「GLICODE-グリコード-」
関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る