Scratchを参考に作られたiPadアプリ「Switch」を試す

iPadアプリ「Switch」

子ども向けプログラミングアプリ「Switch」を試してみました。SwitchはScratchを参考にして開発されたiPadアプリです

動き・見た目・音・制御・調べる・演算の6つにカテゴリ分けされています。Scratchにあるペン・データ・その他はありません

iPadアプリ「Switch」

iPadアプリ「Switch」

変数、リスト、メッセージがないので複雑なプログラムは組めませんが、順次、反復、条件といったプログラムの基本動作は実装できます

iPadアプリ「Switch」

選べるキャラクター(スプライト)は5種類。ユーザーが独自のキャラクターを作ることはできないので、もうちょっと増えると嬉しいですね

iPadアプリ「Switch」

Scratchと違うのはブロックで組まれたプログラムをSwiftのソースで表示できるところ。SpriteKitを使ったソースが表示されます

iPadアプリ「Switch」

Scratchに似ていますが、プロジェクトの互換性などはありません

スポンサーリンク
Google336 記事下

Swiftプログラムへの書き出し

ソースコードを表示した状態で「Swiftプログラムを書き出す」を選べば出力できます。今回はAirDropでMacに送ってみました。

iPadアプリ「Switch」

「project.zip」というファイルが出力されるので解凍します

iPadアプリ「Switch」

Resourcesフォルダ

iPadアプリ「Switch」

Sourcesフォルダ

iPadアプリ「Switch」

readme.txtにXcodeへ組み込む方法が詳しく書かれているので、その通りにやってみます

今回利用したのはXcode8.1。ビルドすると恐ろしいくらいエラーが出ます。ソースコードがSwift3に対応していないから出るエラーです

iPadアプリ「Switch」

なので、コンパイラをSwift2に変更します。「Build Settings」の「Use Legacy Swift Language Version」をYesにすればOK

iPadアプリ「Switch」

これでビルドすると、今度はGameViewController.swiftとAppDelegate.swiftでエラーと警告がでます。プロジェクト作成時に自動生成されたプログラムはSwift3対応だからですね

GameViewController.swiftはこれ↓に置き換えればエラーが出なくなると思います

import UIKit
import SpriteKit
import GameplayKit

class GameViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        if let view = self.view as! SKView? {
            // Load the SKScene from 'GameScene.sks'
            if let scene = SKScene(fileNamed: "GameScene") {
                // Set the scale mode to scale to fit the window
                scene.scaleMode = .AspectFill
                
                // Present the scene
                view.presentScene(scene)
            }
            
            view.ignoresSiblingOrder = true
            
            view.showsFPS = true
            view.showsNodeCount = true
        }
    }
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Release any cached data, images, etc that aren't in use.
    }
}

AppDelegate.swiftの警告はとりあえず無視します

一応、ランドスケープ(横画面)のみに対応します

iPadアプリ「Switch」

これでビルドすると・・・無事動きました!シミュレータでは遅いですが、実機だとちゃんとしたスピードで動きます

iPadアプリ「Switch」

「Hello, World!」というでっかい文字はGameScene.sksの「helloLabel」を削除すれば消えます

ScratchプログラミングとiPadアプリのプログラミングとの橋渡しになるアプリですね。今後のバージョンアップに期待したいです

Logical9 is a puzzle like logical app for kids.
関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る