【Scratch】既存の教科でプログラミングを使って教えられそうなものを考えてみた

既存の教科でプログラミング

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されます。必修化といっても「プログラミング」という科目が新しくできるわけではなく、既存の教科にプログラミングを取り入れる形で授業が行われるそうです

前回ご紹介した「プログル」などはまさにそれですね

授業で使えるプログラミング教材「プログル」
一般社団法人みんなのコードが「プログル」という「学校の授業ですぐに使える」ように設計されたプログラミング教材を公開しました 現...

今回はプログラミングを使って教えられそうなものがないか、子どもの教科書を見ながら考えてみました

スポンサーリンク
Google336 記事下

【国語】 漢字の書き順

漢字を書く過程をコスチュームに分解してアニメーションにしました

既存の教科でプログラミング

マウスで漢字を書くのはちょっと大変かもしれませんが、綺麗に描こうと何度も描きなおしているうちに書き順を覚えるという、予想外の効果もありそうです。実際、今回つくってみて「飛」の書き順がしっかり頭に入りました。クラスのみんなで分担して、漢字辞典を作ると面白そうです

Scratch 漢字の書き順

【算数】 棒グラフ

棒グラフを書く課題をプログラム化してみました

ラベル部分をタップでカウントアップ、「ぼうグラフをかく」ボタンでグラフを描きます。プログラムも簡単なので、授業に取り入れやすそうです。グラフの先端が丸いのがちょっと気になりますが

既存の教科でプログラミング

参考:東京書籍 「新編 新しい算数 3下」
95ページ 「見やすく整理して表そう」

Scratch 見やすく整理して表そう

【国語】 ばらばら言葉を聞き取ろう

1つの言葉を分解して1人1音を担当して一斉に声に出して、それを聞いた他の生徒が元の言葉を当てるゲームです

プログラムで組んでみましたが、なかなか面白いゲームができました

既存の教科でプログラミング

ただ、この教材は他者とのコミュニケーションという課題も含まれているので、これをプログラムで作ってしまうと、本来の目的の一部が達成できないのが難点。あちらを立てればこちらが立たずといった感じでなかなか難しいです

Scratch ばらばら言葉を聞き取ろう

参考:光村図書 「国語 四上」
8ページ 「ばらばら言葉を聞き取ろう」

今回は以上の3つです

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る