chibi:bit(micro:bit)とMacでシリアル通信する

chibi:bit(micro:bit)とシリアル通信

chibi:bitとMacとでシリアル通信する方法を公式サイトを参考に試してみました
Serial – PXT

スポンサーリンク
Google336 記事下

Chrome Extensionを試す

一番簡単そうなChrome Extensionを試してみました

chibi:bit(micro:bit)とシリアル通信

こちらからダウンロードできます
Extension for micro:bit – Chrome Web Store

インストールしたらシミュレーターに「serial」というボタンが出るっぽいですが表示されません。Touch Developだけなのかもしれませんね。僕はJavaScript Blocks Editor (PXT)を使っているので、この方法はあきらめます

ターミナルで試す

ターミナルを起動して、このコマンドを入力します

ls /dev/cu.*

このようなレスポンスが返ってきます。chibi:bitは2個目の/dev/cu.usbmodemの方

/dev/cu.Bluetooth-Incoming-Port	/dev/cu.usbmodem14122

このusbmodem*****にscreenという仮想端末マネージャで接続します

screen /dev/cu.usbmodem14122 115200

これで準備完了です

chibi:bitと通信

このようなプログラムでテストします(ターミナルで接続する前にchcibi:bitに転送しておきます)

chibi:bit(micro:bit)とシリアル通信

Aボタン、Bボタンを押すと、chibi:bitからテキストが送られてきました

chibi:bit(micro:bit)とシリアル通信

Macのターミナルでテキストを入力するとchibi:bitのLEDに表示されます。ターミナルでCtrl-A、次にCtrl-Dを入力すると通信終了です

chibi:bitプログラムのデバッグに使えそうですね

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る