【既存の教科でプログラミング授業】小学5年生 算数「図形を転がそう(図形の角)」

既存の教科でプログラミング授業「図形の角」

図形をコロコロと転がすプログラムです

Google336 記事下

スプライトの詳細

スプライトの作り方にちょっと工夫が必要です

四角形(正方形)。外角は90°。1辺は50ピクセル(50歩)です

既存の教科でプログラミング授業「図形の角」

三角形(正三角形)。外角は120°。1辺は60ピクセル(60歩)です

既存の教科でプログラミング授業「図形の角」

五角形(正五角形)。外角は72°。1辺は40ピクセル(40歩)です

既存の教科でプログラミング授業「図形の角」

プログラムの仕組み

スプライトの中心点を基点に外角の角度分だけ回転させます。回転が完了すると図形の一辺のサイズ分だけ動いたような形になるので、そのサイズだけ図形を動かし角度を戻します。これを繰り返すことで、図形が回転しながら進んでいくようになります

既存の教科でプログラミング授業「図形の角」

プロジェクト

プロジェクトはこちらです
図形を転がそう(図形の角) Scratchで作成

オフライン版のScratchで利用したい場合は、こちらのファイルをダウンロードしてください

オフライン版のScratch2の「ファイル」メニューの「開く」から読み込んでください

教科書プログラミング

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る