LINE entryとScratchの違い【機能編その2】

LINE entryとScratchの違い

LINE entryとScratchの違いのまとめ、2回目です

ブロックのみで実行

Scrachはブロックをクリックする事で、そのブロックを実行することができます

LINE entryとScratchの違い

結果の値を見ることも

LINE entryとScratchの違い

配置していないブロックもクリックで実行することができます

LINE entryとScratchの違い

LINE entryではブロックをクリックしての実行はできません

オブジェクトを画面の外に配置

Scratchは画面の外にオブジェクト(スプライト)を配置できませんが、LINE entryでは画面の外にオブジェクト(キャラクター)を配置できます

ブラウンをx:-300の位置に配置します

LINE entryとScratchの違い

コニーをx:-400に配置します

LINE entryとScratchの違い

ブラウンもコニーも画面の外に配置しているので、ステージ上には何もありません

LINE entryとScratchの違い

ブラウン、コニー共にx方向に400歩くプログラムを実行すると、こうなります。ちゃんと画面の外から動いているのがわかります

LINE entryとScratchの違い

ブロックのコピー

Scratchは、コピーしたいブロックを他のスプライトにドラッグ&ドロップすることでコピーできます

LINE entryとScratchの違い

LINE entryにはそのような機能はありませんが、右クリックのメニューから「ブロックを複製する」を選んで

LINE entryとScratchの違い

コピー先で「貼り付ける」を選ぶことで複製できます

LINE entryとScratchの違い

プログラムの保存

Scrachにはオートセーブの機能で、プロジェクトが保存されますが

LINE entryとScratchの違い

LINE entryにはありません。基本的には自分でちゃんと保存しないとダメです

LINE entryとScratchの違い

作品を保存しないでLINE entryを終了させた場合、起動時にこのダイアログが出て復旧できます。最後に開いていた作品だけオートセーブされる感じかな?

LINE entryとScratchの違い

Scratch 3.0に対応した書籍です

タイトルとURLをコピーしました