【Scratch】「スーパーロボット・ワンだふぉー」が作れる「いぬボード」が発売されます

Why!?プログラミング第13回

スイッチエデュケーションから「いぬボード」が発売されるそうです。これは先日放送されたWhy!?プログラミングに登場した「スーパーロボット・ワンだふぉー」が簡単に作れるボード。センサーなどがあらかじめプリント基板に収められています

Scratchにつないで遊べるセンサーボード「いぬボード」を開発しました。
スイッチエデュケーションはすべての子供に STEM 教育を実践することを目的に活動する会社です。

3種類の製品が販売される予定です

  • いぬボード:基板単体(販売価格:1,700円前後(予定))
  • いぬボードキット:いぬボード、USBケーブル、ステレオケーブル2本のセット(販売価格:2,000円前後(予定))
  • いぬボードをはじめようキット:ワンだふぉーを作るために必要な部材が揃ったキット(販売価格2,300円前後(予定))

「いぬボードをはじめようキット」は必要なパーツが入ったキットみたいですね。先日パーツが購入できるネットショップをまとめましたが、このキットで全て解決しそうです

「スーパーロボット・ワンだふぉー」ネットで購入できるパーツを調べてみました
Why!?プログラミング第13回「スーパーロボット・ワンだふぉーを直せ」が放送されました 今回は電子工作です。パーツが必要なので気軽に試すことができませんが、時間がたっぷりある夏休みに取り組むにはちょうど良いかもしれません ...

ちなみに、ねこボード(nekoboard2)ってのもあります。こちらもScratchと連動できるボードです

発売は7/31(予定)。夏休みに楽しめそうですね

Scratch 3.0に対応した書籍です

タイトルとURLをコピーしました