【Scratch】Googleの無料のプログラミング教育カリキュラム「CS First」の日本語版が公開

CS First

CS Firstの日本語版が公開されました。CS Firstは、Googleが公開している無料のコンピュータサイエンスカリキュラム。対象年齢は小学校3年生から6年生。CSはComputer Science(コンピュータサイエンス)のことですね

日本のプログラミング教育を支援するカリキュラム「CS First」を公開
2020 年度の学習指導要領改訂に伴い、小学校におけるプログラミング教育が必修化されました。Google では、Google.org を通した特定非営利活動法人みんなのコードの教材開発および教員研修への ご支援 や、文部科学省が協力企業と連携した総合的な学習の時間におけるプログラ...

Scratch(CS Firstの特別バージョン)を利用してプログラミングの基礎を学ぶことができます。生徒の進捗状況も確認できるみたいです

現在「Scratch for CS Firstでプログラミングをはじめよう」と「私たちのまちのよさをプログラミングで広めよう」の2つのコースが用意されています

CS First

ちょっと試してみました。難しい漢字はちゃんとひらがな表記になっていますね

CS First

Scrachの画面の左下に次にやる作業が表示されるので、迷わずにプログラミングが進められます。指示通りにプログラムを組まなくても次の作業に進めることができるので、うっかりミスで思ったように動かない・・・という事もありえますが、それを解決するのもプログラミングの醍醐味でしょう

CS First

点線が引かれているテキストをクリックすると、それに関する詳細な指示が画面上に表示されます。どのタブをクリックすればいいのか、どのブロックを使えばいいのか等を丁寧に教えてくれます。先生の負担がぐんと減りますね

CS First

ログインしていれば、作業の途中から始めることができます

ログインしないとプロジェクトの保存はできませんが、カリキュラムは利用できるので、個人的にScratch入門として利用するものありだと思います

プログラミング教育を子どもたちに - CS First
無料の CS First のカリキュラムを使って、プログラミングを簡単に楽しく子どもたちに教えましょう。
タイトルとURLをコピーしました