実機にアプリが転送できなくなった場合の対処法

app installation failed

開発中のアプリを実機に転送しようとしたら、「App installation failed The application could no be verified.」というエラーが出て、アプリを転送できなくなってしまいました

これは、すでに転送済みのアプリを一旦端末から削除すれば解決します。

ですが、アプリを消すとアプリ内のデータも全て消えてしまいます。もし消したくないデータがある場合は次の手順でデータ保存・復元ができます。

XcodeのメニューからWindow->Devicesを選んで、開いたウィンドウで対象の端末を選びます。

app installation failed

すると、Installed Appsにインストール済みのアプリが表示されます。そこで対象のアプリを選んで、歯車マークを押すと、メニュー「Show Container」「Download Container」「Replace Container」が表示されます。

この「Download Container」を選ぶと、現在のアプリの環境を丸ごと保存できるので、ここで一旦保存し、アプリ削除後に再度インスートルして「Replace Container」で復元すればOKです。

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下
トップへ戻る