【Scratch】MagPi 57号の作例「パーキングマニア」を作ってみました

パーキングマニア

MagPi 57号のScratchのプログラムを作成してみました。コースを外れないように車をマウスで操作して、駐車スペースまで誘導するゲームです

MagPi 57号のPDF版は無料でダウンロードできます

Add natural voice interaction to your projects with this exclusive Google AIY Projects Kit only available with print edition of The MagPi magazine!
スポンサーリンク
Google336 記事下

【ステップ1】デザイン

3つの素材をダウンロードして、プロジェクトにインポートします。今回ネコは使わないので削除します

車のスプライト用画像
駐車場の背景用画像
コインのスプライト用画像

そのままだとスプライトが大きすぎるので縮小します。スプライトや背景を自分で作成してもかまいません

パーキングマニア

【ステップ2】スタート!

車が左の「START」の位置から開始するようにします

車のスプライトを選択し「スクリプト」タブをクリックして、次のスクリプトを作成します

パーキングマニア

このスクリプトを実行すると、車がスタート位置に移動します

パーキングマニア

【ステップ3】マークに向かって・・・

「(5)秒待つ」ブロックを追加します。これで、ゲームを開始時にプレイヤーがマウスを準備するための5秒が与えられます

パーキングマニア

次に「ずっと〜」ブロックを追加して、「(マウスのポインター)へ向ける」ブロックと「(5)歩動かす」ブロックを追加します

パーキングマニア

「ずっと〜」ブロックの中に、「もし〜なら」ブロックを追加します

パーキングマニア

「もし〜なら」の6角形の空欄に「□色に触れた」ブロックをを追加します

「□色に触れた」ブロックの四角部分をクリックして、目的の色の上でクリックすると色を取得することができます。ステージのコースにある緑の草をクリックして、正しい色を取得します

さらに、
「(ゲームオーバー)と(2)秒言う」
「(すべて)を止める」
ブロックを追加します

これで車がクラッシュすると「ゲームオーバー」と言ってから全てのスクリプトが止まります

【ステップ5】コインをつかもう

駐車スペースのコインに触れているかをチェックするための2つめのスクリプトを作ります

パーキングマニア

「もし〜なら」ブロックに「()触れた」を入れて、ドロップダウンリストからコインのスプライトを選びます。
「もし〜なら」ブロックの中にスクリプトを作成します

これで緑の旗をクリックしてスタートすれば、車がコインに触れたときに「あなたの勝ち!」と言ってゲームが終了します

【ステップ6】遊ぼう

これで基本的な駐車ゲームができました!

MagPiには以下の様な拡張案が掲載されていました

  • 車がクラッシュしたらリスタートする
  • ゲームが開始したら5・4・3・2・1とカウントダウンする
  • 複数のレベルを作成する
  • コインを取った時「あなたの勝ち!」ではなく、運転免許証を取得した画面などを表示する

アイテムを取りながら駐車場を目指す・・・なんてのも面白そうですね。プログラムを改良して、もっと面白い駐車ゲームを作ってみてください!

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る