ゲームクリエーターにオススメの一冊「シブサワ・コウ 0から1を創造する力」

シブサワ・コウ 0から1を創造する力

「シブサワ・コウ 0から1を創造する力」を読み終えました。図書館で目に留まったので、軽い気持ちで読み始めたのですが、非常に面白かったのでご紹介します

「信長の野望」や「三國志」で有名な光栄(現:コーエーテクモゲームス)の創業者の襟川陽一さんの本です

著者の「シブサワ・コウ」は襟川陽一さんのゲームをプロデュースする時の別名。僕が子どもの頃は、社長とは別に歴史ゲームをプロデュースするシブサワ・コウという人がいるんだ・・・と思っていましたが、同一人物です。この本を読んでわかりましたが、どうやら襟川さんの奥さんの策略にまんまとはまっていたようです

光栄という会社の創業から現在までの歩みが時系列で記されており、半分は襟川さんの自伝のような内容になっています。光栄の黒歴史といわれているアダルトゲームについてもちゃんと触れられています。が、そのせいでこの本を子どもにはちょっとオススメしにくいです

光栄のファミコンソフトの価格について任天堂の山内社長と一悶着あったことなど、面白エピソードが満載です。それにしても、あの山内社長とやりあった襟川さんの奥さんはすごいですね。凄腕なのは写真を見るとわかりますが(^^;

歴史シミュレーションゲーム、投資ゲーム、経営ゲーム、女性向けゲーム……コーエーが開拓してきた「世界初」は多い。染料工業薬品の卸業から始まり、数多くの「世界初」を世に放ってきたコーエー35年間の軌跡を振り返る。シブサワ・コウの名でも知られるコーエーテクモホールディングス社長・襟川陽一氏と、その妻である襟川恵子氏が、夫妻同...

光栄の日吉の本社には、ずいぶん昔にホームページのプレゼンで訪れたことがあります。入り口にデーンと雛人形が飾られているのが非常に印象的でした。歴史のゲームを作っているだけあって、日本文化を大事にしているんでしょうね

とにかく、襟川さんのゲーム愛がひしひしと伝わってくる内容でした。ゲームクリエイターを目指している人にはオススメの一冊です

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る