【Scratch】クローンを作る時の注意点

クローンは同じスプライトを簡単に量産できるので便利ですが、プログラムによっては意図せずクローンがたくさん作られてしまう場合があるので注意が必要です

僕自身もクローンが大量に作られてしまう不具合で悩まされたことがあったので、注意点を載せておきます

Google336 記事下

大量にクローンが作られてしまうプログラム

「クローンを作る」ボタンを押すとクローンが作られるプログラムで説明します。ボタンをクリックすると「クローンを作る」メッセージを送るようにしています

【Scratch】クローンを作る時の注意点

クローンしたいスプライト(ねこ)のプログラム。メッセージ「クローンを作る」を受けとったら自分自身のクローンを作っています。クローン作成後は色と位置をランダムに変えています

【Scratch】クローンを作る時の注意点

このプログラムだと、1回目のボタンクリック(クローン作成)では問題ありませんが・・・

【Scratch】クローンを作る時の注意点

2回目のボタンクリック(クローン作成)でねこが4匹になります。クローンされたスプライトにもメッセージが送信されるので、クローンのクローンが作成されるわけですね

【Scratch】クローンを作る時の注意点

今回はねこの位置をランダムに移動させていますが、何もしなければ元のスプライトと同じ位置にクローンが作られるので、複数のクローンが作成されていても画面を見ただけではわかりません

3回目で8匹

【Scratch】クローンを作る時の注意点

あっという間に画面いっぱいになります。ドラえもんのバイバインみたいな感じです

【Scratch】クローンを作る時の注意点

もちろん、このような動作をするプログラムを作りたい場合はこの方法を使っても問題ありません

これがそのプログラムです

クローンのクローンのクローン

1つずつクローンを作成

1回のボタンクリックで1つだけクローンしたい場合は、対象のスプライトにメッセージを送るのではなく、直接クローン作成ブロックを呼び出します

【Scratch】クローンを作る時の注意点

対象のスプライトではクローン作成は行いません

【Scratch】クローンを作る時の注意点

これでクローンのクローンが作成されることがなくなります

Scratch 3.0に対応した書籍です

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る