【Scratchのブロック】「○へ行く」

○へ行く

「○へ行く」ブロックを見ていきたいと思います。「○へ行く」は2つのパターンから選べます。1つは「どこかの場所へ行く」もう1つは「マウスのポインターへ行く」

まずは「どこかの場所へ行く」を見ていきます。このようなプログラムを作ってみました

○へ行く

実行するとこの通り。どこかの場所というのはステージ上のランダムな場所ということですね。ゲームで活躍しそうなブロックです

○へ行く

「どこかの場所へ行く」もう1つは「マウスのポインターへ行く」は「x座標を○、y座標を○にする」ブロックと乱数ブロッグで置き換えることもできます

○へ行く

「どこかの場所へ行く」を使えば、画面の横サイズがいくつなので・・・とか余計なことを考えなくていいのがいいですね

つぎは「マウスのポインターへ行く」。このプログラムを実行してみます

○へ行く

これは表記のそのままですね。スプライトがマウスの座標に移動します。こちらもゲームで使えそうなブロックです

○へ行く

こちらも「x座標を○、y座標を○にする」ブロックで置き換えることができます

○へ行く

こんな感じで「x座標を○、y座標を○にする」で代用できますが、このブロックを使えばプログラムが短くなりますし、プログラムの意図もわかりやすくなるので、積極的に使っていくといいと思います

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下
トップへ戻る