【Scratch】小・中学生向けのプログラミングコンテストが開催【岐阜県大垣市】

【Scratch】小・中学生向けのプログラミングコンテストが開催【岐阜県大垣市】

「大垣市長杯全国スクラッチプログラミングコンテスト」の作品応募が開始されました。テーマは「夢をかなえるプログラミング 〜こんなのあったら、できたらいいな〜」です

Google336 記事下

応募期間

2019年9月2日(月)〜11月29日(金)

作品はもう応募できますが、応募できるのは1作品のみなので、期限ギリギリまでじっくり作成するのをオススメします

応募資格

2019年4月1日付けで全国の小中学校に在籍する児童、生徒に応募資格があります。なので、岐阜県大垣市の生徒である必要はありません。ただ、第一次審査に通過した場合、作品のプレゼンのために大垣市の会場まで自費で行く必要があるので注意してください

小学生低学年、高学年、中学生の3つの部門に分かれています。それぞれの部門ごとに第一次審査で5作品が選ばれます。小・中学生の年齢差のハンディは大きいので、部門が分かれているのは嬉しいですね

チームで応募することも可能です

応募作品

Scratch 2.0以上で作成した未発表のプログラム。他のコンテストに提出済みのものはダメです。また、外部機器と連動させるプログラムも応募できません

詳細は公式ページをご覧ください!

大垣市長杯全国スクラッチプログラミングコンテスト

Scratch 3.0に対応した書籍です

関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る