Scratchもお世話になっているAdobe Flashが2020年で廃止

Adobe Flashが2020年で廃止

Adobe Flashが2020年に廃止されることが発表されました。それ以降はプライグインの配布やアップデートは行なわれません

Adobe has long played a leadership role in advancing interactivity and creative content – from video, to games and more – on the web. Where we’ve seen a need to...

今でこそ、FlashはWebの嫌われ者みたいになってしまっていますが、Webの黎明期は画期的で、表現の幅を広げるすごい技術でした

今は同じHTMLであれば、ブラウザが異なっていても、ほぼ同じデザイン・レイアウトで表示されますが、昔は全く統一されていなくて、ブラウザごとに調整するのが当たり前でした。複雑なレイアウトのページは「IE限定です」なんて割り切ってしまう場合もありました。ですが、Flashを使えば、どんなブラウザでも同じように表示できるので非常に重宝しました

HTML版・Flash版と2パターンのホームページを作ることが多かったので、Web制作会社は制作費アップでいい思いをしたのではないでしょうか(^^;

スポンサーリンク
Google336 記事下

Scrach 2.0もFlash

現時点で最新のScrach 2.0はFlashで動いています。次のバージョンのScratch 3.0がFlashを使わないで形で開発されているので、2020年にScratchが動かなくなる!ということはないので大丈夫です

Scrachのプロジェクトファイル(*.sb2)もFlashに依存した形式ではないので、Flashが廃止されたらプロジェクトが読めなくなることもなさそうです

プロジェクトのビデオ録画のフォーマットがFLV(Flashビデオ)ですが、これはFlashに依存しているので変更になりそうですね

Adobe Flashが2020年で廃止

もしFlashがなければ、Scratch2.0は開発できなかったんじゃないかな?と思います。Flashに感謝ですね

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る