レモンの木が復活!

アゲハの幼虫に葉っぱを食べられてしまって丸坊主になってしまったレモンの木ですが、3週間で復活しました

【レモン】そして誰もいなくなった【アゲハ】
気まぐれに植えたレモンのタネがぐんぐん育ち、そこにアゲハ蝶がたまごを産みました。幼虫は最初は鳥のフンのような姿でしたが、最終的にはお...

これが・・・

レモンの木が復活

この通り

レモンの木が復活

復活した!と思ったら、またアゲハのタマゴが産み付けられていました

レモンの木が復活

タマゴや幼虫を駆除するのは心苦しいですが、全ての幼虫が育つだけの葉っぱがないので、3匹だけ残すことにしました

レモンの木が復活

絵本「はらぺこあおむし」の青虫はいろんな食べ物を食べるのに、実際のアゲハはどうして柑橘系の木の葉っぱしか食べないんだろう?と不思議だったのですが、実は栄養素的にはどんな葉っぱでも問題ないらしいです

生物というのは自分の食べ物を非常に限定しています。しかし、栄養素としてみれば、アゲハチョウの幼虫はミカンの葉でないとダメなことは何もないのです。どんな植物であっても食べて消化すれば、たんぱく質、アミノ酸、脂質、そしてビタミンはそれらから摂取できるわけです。しかしアゲハチョウはどんなにお腹が空いていてもキアゲハが食べるパセリを食べない。幼虫はみかんの葉が無ければ餓死して死んでしまいます。

生物が自分の食べ物を非常に限定している理由は、限定することによって、ある食べ物に対して他の種と無益な競争が起きないように棲み分けていることにあるのです。自分が住む場所を限定する、食べ物を限定するということが生命の多様性で極めて大事な原則であって、それが守られているから世界がこれだけ豊かなのだと思います。

地球のいのち ナショナルジオグラフィック 日本版 NATIONAL GEOGRAPHIC.JPより

生物同士の棲み分けのために、食べる葉っぱを限定しているんですね。自分が餓死しても守り通すというのはすごいです。何だか人間が非常に愚かに思えてきますね・・・

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る