「KidsScript」のベータ2が公開!3Dコンテンツが作成できる開発環境に

「KidsScript」のベータ2が公開

子ども向けのプログラミング開発環境の「KidsScript」のベータ2が公開されました

ベータ1ではScratch風のインターフェースでJavaScriptプログラミングが行えるという開発環境でしたが、今回のベータ2で、3Dコンテンツが作成できるという全く新しいビジュアルプログラミング環境へと方向転換されました

「KidsScript」のベータ2が公開

こちらがベータ1の時の記事

KidsScriptはブラウザ上で動作する子どものためのテキストプログラミング入門言語。ただいまベータ版が公開中です Kids...

コマンド1つで3Dオブジェクトが生成されるのは新鮮で面白いです。AR(拡張現実)も流行しそうですし、3D空間を使ったプログラミングの力がつくと後々役に立ちそうです

チュートリアルを少しやってみましたが、キーボードイベントでオブジェクトを動かして、そのオブジェクトをカメラが常に追いかけるというプログラムが簡単に作れました

「KidsScript」のベータ2が公開

作成したプログラムをサーバに置きました。こんな感じで作ったプログラムはWebページに埋め込んで公開することができます
チュートリアルで作ったプログラム

デモも用意されています

関節を持った人形が、歩く動きをするデモ

「KidsScript」のベータ2が公開

テクスチャが貼られた地球が回転するデモ

「KidsScript」のベータ2が公開

キーボードで飛行機を自由にコントロールできるデモ

「KidsScript」のベータ2が公開

ロボットを作ってみようとしましたが、ここで断念。慣れていないと3Dは難しいですね(^^;
ちなみに、obj形式のポリゴンデータをインポートして使うこともできます

「KidsScript」のベータ2が公開

子どもでも簡単に3Dゲームが作成できそう。ベータ2で大進化です

KidsScriptは、子供のためのプログラミング入門言語(学習環境)です。ビジュアルプログラミングとテキストプログラミングの橋渡しをして、JavaScriptをはじめて学ぶために最適な環境を提供します。
関連コンテンツ
Google336 記事下
Google336 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Google336 記事下
トップへ戻る