LEGOの新しい教育向け製品「LEGO Boost」が発表されました!

LEGO Boost

LEGOから新しい教育用の製品が発表されました。WeDoを買ったばっかりなのに!ショック!
製品カテゴリとしては、マインドストームとWeDoの間を埋める感じなのかな?

含まれるLEGOのパーツは840個
あとハブとセンサーとモーターが付いています。センサーで色と距離と傾きが検知できるそうです
接続はBluetooth。別に電池が必要です

LEGO Boost

LEGO Boost

タブレットにアプリを入れて、アイコンベースのプログラミング環境でプログラミングしてコントロールできます

LEGO Boost

全部で5つのモデルが作成できます

動いて話せるバーニーというロボットくん。たぶん、WeDoと同じで声はタブレットから出るんじゃないかな

LEGO Boost

M.T.R.4 (Multi-Tooled Rover 4)。4種類のツールアタッチメントを備えた、堅牢で汎用性の高いローバー

LEGO Boost

Guitar4000。ピッチベンドとサウンドエフェクトのあるギター

LEGO Boost

フランキーというねこちゃん。しっぽをブンブン振ったり、鳴いたりします

LEGO Boost

AutoBuilder。ミニレゴモデルを実際に構築する自動化された生産ライン。レゴ作品を自動で作るマシーンってことかな?

LEGO Boost

すごく楽しそう

値段は$160。値段も手頃で非常に魅力的です。マインドストームはちょっと高いし・・・と躊躇していた方には朗報ですね。2017年8月リリースだそうです

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る