GLICODE(グリコード)お菓子を3つ使ったコース1「はらっぱのぼうけん」にチャレンジ

グリコード

ビスコ、アーモンドピーク、ポッキーの3コースをクリアすると、3つのお菓子を使うコースにチャレンジできるようになります

今回はそのコースの1つめ「はらっぱのぼうけん」にチャレンジしてみました。

グリコード

他のコースはこちら
コース2「くうちゅうていえん」
コース3「でこぼこみちをいく」
コース4「ハートのグリコ」
コース5「けいこくのさき」
コース6「そらのさんぽみち」

このコースですが、1回クリアすると次からはお題にチャレンジできるようになります。1粒で2度おいしいアーモンドグリコ仕様(うまいこと言った!)

このコースのお題は「ポッキー8つとビスコ1つだけをつかう」です。お菓子を自由に使えないので難易度がアップします。こういう制限がある方が面白いですね

グリコードの面白いところは、ポッキーの利用本数を減らそうとループを使おうと思っても、ループにもポッキーが必要になるところ。
例えば、

・2回ループ開始(ポッキー2本)
・ポッキー右
・ループ終了(ポッキー1本)

だと、ポッキーを4本使うけれど右に動くのは2回だけ。これだとポッキー2本を普通に使う方が効率が良いわけです。

なので、ループを使うのは、

・ループに使用する本数以上をループの中にポッキーを入れる場合
・ポッキー以外のお菓子をループに入れる場合

の2パターン(と、この2つの組み合わせ)になります

さて、今回のコース、普通に考えると・・・

・ポッキー上
・ポッキー上
・ポッキー上
・ポッキー上
・ポッキー上
・ポッキー右
・ポッキー右
・ビスコ横(飛び越える)
・ポッキー右
・ポッキー右

などが考えられますが、これだとポッキー9・ビスコ1なので、ポッキーが1つ多いです。
これを工夫しないといけません

ここから下に解答例を載せますので、見たくない人は注意!です

スポンサーリンク
Google336 記事下

A・Bボタンを使う方法

ボタンを使えばすごく簡単に解決できます。ボタンに処理を入れれば1つのお菓子の処理を何度も使えます

ハグハグの処理

グリコード

Aボタンの処理

グリコード

お菓子の並べ方

グリコード
グリコード

ハグハグがジャンプして溝を渡った後に、Aボタンを2回押して右に進めばクリアです

A・Bボタンを使わない方法

実はボタンを使えるのをすっかり忘れていて、すっごく悩んだ末に最初にたどり着いた答えがこちらです。お菓子で手がベタベタです。

「とびこえる」が1回無駄になっていますが、全自動でゴールまで行くので、プログラムとしてはこっちのほうが面白いかも

ハグハグの処理

グリコード

お菓子の並べ方

グリコード

無事お題をクリアしたので星ゲット!

グリコード

これはあくまでも解答例なので、他にもっといいプログラムがあるかもしれませんよ!

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る