お菓子で組むプログラム「GLICODE(グリコード)」を試してみた2【アーモンドピーク編】

お菓子を使ってプログラムが組めるアプリ「グリコード」
今回はアーモンドピークのコースを試してみました

ポッキーやビスコでプログラミングができる「GLICODE(グリコード)」
ポッキーやグリコなどのお菓子を使ってプログラミングができる「グリコード」が公開されました。現在はAndroid版のみ公開されています...
お菓子で組むプログラム「GLICODE(グリコード)」を試してみた1【ビスコ編】
お菓子を使ってプログラムが組めるアプリ「グリコード」 とりあえず「ビスコ」でチャレンジしてみました 使ったのは「発酵バター仕...

グリコード

アーモンドピークはこれ

アーモンドピークを横に置いてカメラで認識させると、メインキャラのハグハグが小さくなる処理に変換されます。縦に置くと大きくなる処理です

グリコード

Aボタンを押した時の処理、Bボタンを押した時の処理を設定します

グリコード
グリコード

Aボタンを押した時の処理に「小さくなる」を設定して、AボタンをPUSH!ハグハグが小さくなりました

グリコード

Bボタンを押した時の処理に「大きくなる」を設定して、BボタンをPUSH!(小さくなった後なので2回)ハグハグが大きくなりました

グリコード

Aボタン、Bボタンそれぞれに「大きくなる」と「小さくなる」を設定すればクリアできるので、ビスコのコースより簡単かも

小さくなる処理をソースコードを表示するとこんな感じ

グリコード

グリコード

アーモンドピークはチョコなので、ビスコの比ではないくらいベタベタします。特に今の季節は非常に厳しい。冷房が効いた部屋じゃないと溶けてきます

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る