ビスケットで作ったプログラムの保存と読み込み

プログラミング言語の「ビスケット」を最初に触った時にちょっとわかりにくいな・・・と思ったのが、最初の画面。数字がいっぱい並んだアイコンが表示されますが、意味がわからなくて困りました

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

現在は、バージョンアップして異なる形に変わりましたが、説明が少ないのでわかりにくいです(^^;

手探り状態であれこれ試してみて、わかったことをまとめたいと思います

スポンサーリンク
Google336 記事下

プログラムを新規で作成

現在のトップページでは「みんなでつくる」「ひとりでつくる」「さんかする」の3つから選べるようになっています

「みんなでつくる」というと大勢でコラボしてつくるような気がしますが、「みんなでつくる」は「初心者モード」、「ひとりでつくる」は「上級者モード」です。「さんかする」は今回はとりあえずスルーです

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

「みんなでつくる」または「ひとりでつくる」を選ぶと、いろんな色の背景が表示されます。作りたいプログラムの背景色を選ぶ感じですよね。「みんなでつくる」は背景色が変更できないので、半分は正解なのですが、実は作りたいプログラムの保存場所(部屋)を選択しているという意味合いもあります

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

この中から1つを選ぶと、3つのボタンが表示されます。左から、
・新規作成
・ビスケットランドの表示(「みんなでつくる」のみ)
・過去の作品の表示
です

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

今回は新規作成を選んで、プログラムを作ります。選んだ背景色(部屋)は後からプログラムを呼び出すときに必要になるので忘れないようにします

プログラムを保存

プログラムを作ります。完成したら、右上のボタンを押して・・・

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

丸ボタンを押します。これでプログラムがサーバーに送られます。Scratchでいう共有みたいな感じです

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

ビスケットランドが表示されます。今作った作品がありますね。これで他のユーザーが自分のプログラムがみられるようになりました

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

プログラムの読み込み

次は、先ほどの作ったプログラムを呼び出す手順です。トップ画面でプログラムを作成した背景を選び、過去の作品の表示ボタンを押します

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

作品がまとまった部屋(グループ)一覧が表示されます。作った日付から自分のプログラムの部屋を探します。新着順に並んでいるので、作成してすぐなら1つ目か2つ目の部屋に入っていると思います。部屋に番号が付いているので、これを覚えておけば、次回からは番号で探せばいいですね

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

部屋を選ぶとその中のプログラム一覧が表示されます。ここは古い順に並んでいます。見つかったら鉛筆ボタンを押せば編集できます

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

iPadの横画面の場合、なぜか画像が出ない場合があるのですが、iPadの向きを横→縦に一度切り替えてみると表示されるようになります

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

またiPadだと、たまに部屋一覧が出ないで、いきなり作品一覧が表示される場合があります。こういう場合は左矢印を押すと・・・

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

部屋一覧が表示されます

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

自分の作品を直接表示

この方法はうまく行ったり、行かなかったりするのですが、一応ご紹介。多分、最新の部屋にある自分の作品を表示する機能だと思います

作成したプログラムと同じ背景(部屋)を選んで、鉛筆マークで新規作成します。プログラムの編集画面が表示されたら、×ボタンを押します

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

3つのボタンが表示されるので、真ん中の6個の丸があるボタンを押します

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

そうすると、自分の作ったプログラムが表示されます。左にある人アイコンのボタンを押すと、「自分のプログラム」「全員のプログラム」を切り替えられます

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

編集して保存する

一度ビスケットランドに送ったプログラムを修正した場合、上書き保存はできません。保存したい場合は、修正後に再度ビスケットランドに送る作業すれば別のプログラムとして保存されます。他のユーザーのプログラムも変更できるので、こういう仕様なのですね

ビスケットで作ったプログラムの保存・読み込み

これで、毎日少しずつプログラムをつくって複雑なプログラムを完成させることもできますね

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る