iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみました。空から降ってくるどんぐりを避けるかんたんなゲームです

今回作ったゲームはこんな感じ。当たり判定が大きいので難しいです

プログラムです

スポンサーリンク
Google336 記事下

スプライト

小さい雲(Cloud2)・どんぐり(Nut1)・トリ(Bird1)・大きい雲(Cloud1)の4つのスプライトを使用

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

小さい雲(Cloud2)のスクリプト

遠くにある雲をイメージしています

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

どんぐり(Nuts1)のスクリプト

ゲームスタート時に6個のどんぐりのクローン(複製)を作ります。クローン元は邪魔なので隠しています

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

クローンされた時のスプライト。画面の下まで落ちたら再度上から落ちてきます

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

トリ(Birs1)のスクリプト

iPadの傾きの方向に移動します。どんぐりに当たったらゲームオーバー

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

大きい雲(Cloud1)のスクリプト

手前の大きい雲。どんぐりもトリも隠してしまうお邪魔キャラです

iPadアプリ「Switch」でゲームを作ってみた

以上です。これだけでちょっとしたゲームが作れます

Swiftに出力してiPadで動かしてみましたが、ゲームスタートのトリガーがないので、アプリを起動するとすぐにスタート、ゲームオーバーになるとアプリを終わらせないとリプレイできないなど、不便な点が多々あります。変数とメッセージがあればもうちょっとゲームらしくできるんだけど・・・

変数とメッセージが実装されたら、Scratchで学んだ知識だけでiPadのゲームアプリが作れるようになりそうです。そうなるとちょっとすごいですね

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る