【Scratch】輪郭だけの円と四角はビットマップとベクターだとヒットエリアが違う

【Scratch】輪郭だけの円と四角はビットマップとベクターだとヒットエリアが違う

円を描くツールでリング状のスプライトを作成して、マウスクリックのイベントを取得するプログラムを作っていたところ、ビットマップとベクターだとヒットエリアの違いがあることに気づきました

ヒットエリアを赤くしてみました。わかりやすいように枠はちょっとはみ出る感じで塗ってます

【Scratch】輪郭だけの円と四角はビットマップとベクターだとヒットエリアが違う

ビットマップとして楕円と四角形ツールを使って枠を描くと、塗りつぶされていない枠内のエリアもヒットエリアになります

【Scratch】輪郭だけの円と四角はビットマップとベクターだとヒットエリアが違う

注意が1点。ベクターをビットマップに変換した場合はヒットエリアはベクターの時と同じで線の上だけ、逆にビットマップをベクターに変換した場合は、内部の透明エリアもヒットエリアになるという点。ビットマップ←→ベクターの相互変換ではヒットエリアが変わらないということですね。

スプライトをマウスでつかんで動かしてみるとヒットエリアはすぐにわかります。つかめる部分がヒットエリアです

【Scratch】輪郭だけの円と四角はビットマップとベクターだとヒットエリアが違う

見た目が同じなのにヒットエリアが違うと、子どもが混乱しそうですね

ビットマップとベクターではヒットエリアが違う Scratchで作成

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る