【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

Macでプロジェクトを作成して、Windowsを使っている子どもたちにリミックスしてもらったんですが、Macでは表示されていない文字がWindowsで表示されているのを確認しました

Windows 7で見るとおかしな文字が表示されています。Windows 10だといわゆる豆腐とよばれる四角い文字が表示されます

【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

こちらがMac。おかしな文字は表示されていません

【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

Raspberry Piでは問題無し(システムフォントをNotoに変更しています)

【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

スポンサーリンク
Google336 記事下

おかしな文字はバックスペース

どうやらこの文字はバックスペース(0x08)らしく、Macで日本語入力していると気付かずに入ってしまうことがあるようです。キーボードでカーソルを動かしてみると、見えない文字の場所で一瞬ひっかかるので、文字があることが確認できるのですが、全く見えないので非常に困ります

コメントやセリフならまだいいのですが、変数名を付けるときにも入ってしまう場合があるので注意が必要です。バックスペースが入ったままの変数名でも問題なく使えるのですが、子どもが混乱しそうです

この見えない文字ですが、MacのCotEditorで不可視文字を表示する設定にすれば見えるようになります

CotEditor

無料
(2017.02.24時点)
posted with ポチレバ

このように設定すれば・・・

【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

Scratchでコピーしてエディタにペーストすると、不可視文字が入っているのがわかります

【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

テキストメニューから「文字情報を表示」を選べば文字情報を見ることができます。やはりバックスペースですね

【Scratch】Macで日本語入力すると不可視文字が入力される場合がある

Macでの日本語入力は、CotEditorなどの不可視文字が表示できるエディタで書いてからコピペするのが確実ですね。すごく面倒ですけど

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る