AppleStore「Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう」に参加してきました

Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう

AppleStore銀座で開催された「Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう」に参加してきました

今回参加したのは新しく始まった「Today at Apple」という講座の1つ

お近くのAppleでは、新しい自分と出会えるインスピレーションに満ちたプログラムや体験を毎日用意しています。プログラムの詳細はToday at Appleでチェックできます。

2017年4月25日、Apple®は本日、来月より直営のApple Store全495店において、写真、ビデオ、音楽、プログラミング、アート&デザインなど幅広い分野で、数十種類の新しい講座を開始することを発表しました。この実践的な講座を総称して「Today at Apple」とし、経験豊富で、トレーニングされたチームメンバーによる指導のほか、一部の都市では世界トップクラスのアーティスト、フォトグラファー、ミュージシャンたちを講師に迎え、ベーシックやHow to、プロレベルの講座まで学ぶことができます。

Apple Store全店で新しい体験の数々を「Today at Apple」として提供 – Apple (JP)

Shperoは球体のロボットで、アプリを使ってコントロールすることができます。今回使用したShperoは「Sphero SPRK+」、iPadのアプリ「Sphero SPRK」でプログラミングして迷路のゴールを目指すのが目的です。iPadとSpheroは2セット用意されていて、子どもは5人いたので、2人と3人のチームに分かれてチャレンジしました

これがShpero

Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう

これが迷路。青いシールが壁ですが、ぶつかったからといって跳ね返ったりするわけではないです。迷路をちゃんと進んでいるかは自己判断

Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう

プログラミングはScratchのようなビジュアルプログラミングですが、実際のモノをコントロールするのはなかなか難しいようです。ボール状なので止まれと命令してもすぐに止まりません。慣性の法則といった現実の世界の現象も踏まえた上でプログラミングしないといけないので、パソコンの中だけで動くプログラムとはまた違った面白さがあります

Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう

Shperoのアプリはこれです

2人チームはサクッとクリアしたのに対し、娘の参加していた3人チームはなかなかゴールにたどり着かず・・・時間制限ギリギリでなんとかShperoをゴールに導くことができました

Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう

「Sphero SPRK+」はAppleStoreで買うと18,144円(税込)もします。今回の講座後に子どもが欲しがりましたが、勢いで買うにはちょっと高いですね(^^;

SpheroがベースになったスターウォーズのBB-8バージョンが若干安くなっているので、こっちを買うのもありかもしれません。一応、プログラミングできるアプリの「Sphero SPRK」も使えるようです。ただ、サウンドエフェクトなどの特殊機能は使えないみたいです

アプリ「Sphero SPRK」の選択画面にもBB-8がちゃんとあります

Kids Hour: Spheroで迷路にチャレンジしよう

You played with it for hours on end after it was first released, but by the time The Force Awakens hit theaters months later, you had probably lost interest in ...

参加している子どもたちがみんな夢中になって取り組んでいました。もうちょっと安くならないかなぁ・・・

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google336 記事下
    トップへ戻る