【Raspberry Pi 3】Windows 10 IoT Coreをインストールしてみた

Windows 10 IoT Core

Windows 10 IoT CoreををRaspberry Piにインストールしてみました。正直言って何ができるのかよくわかっていませんが、とりあえずチャレンジです

スポンサーリンク
Google336 記事下

Windows 10 IoT Core Dashboardをインストール

まず、ダウンロードページから「Windows 10 IoT Core Dashboard」をダウンロードしてWindows 10にインストールします

Windows 10 IoT Core

そこからデバイスの種類とOSビルドを選びます。今回はRaspberry Pi 3。ビルドはWindows Insider Programに登録してないので通常のビルドをインストールします

Windows 10 IoT Core

microSDは8GBあればいいそうですが、手元に16GBしかなかったのでそれを使いました。管理者パスワードはあとで使うので忘れないように。必要な項目を入力して「ダウンロードとインストール」ボタンを押せばインストールが開始されます

Windows 10 IoT Core

microSDに書き込み中・・・

Windows 10 IoT Core

microSDの準備が完了しました

Windows 10 IoT Core

Raspberry Pi 3を起動

作成できたmicorSDカードをRaspbery Piに挿します。モニタ、マウス、キーボードを接続してから電源用のUSBケーブルを挿して電源を入れます。おなじみのWindowsのロゴが表示されて、しばらくするとWindows 10 IoT coreが起動します

Windows 10 IoT Core

キーボードでの操作かと思いきや、マウスが使えます。言語を選んで・・・

Windows 10 IoT Core

無線LANのアクセスポイントを選びます

Windows 10 IoT Core

起動しました。これがWindows 10 IoT Coreの画面のようです。想像していたWindows 10とは全然違う・・・

Windows 10 IoT Core

サンプルプログラムでLチカ

チュートリアルが用意されているのでやってみます

Windows 10 IoT Core

Lチカ(LEDをチカチカさせる)にチャレンジしてみます

Windows 10 IoT Core

このように回路を作成します。抵抗は330Ω

Windows 10 IoT Core

チカチカしました!

Windows 10 IoT Core

再びWindows 10 IoT Core Dashboard

Windows 10 IoT Coreが無事インストールできれば、Windows 10から端末が見えるようになります

Windows 10 IoT Core

ブラウザから色々設定ができるようです

Windows 10 IoT Core

ユーザー名とパスワードを聞かれるので、最初に設定したパスワードを入力します。ユーザー名はAdministratorです

Windows 10 IoT Core

ログインできたら設定画面が開きます。色々できそうですね

Windows 10 IoT Core

再びDashboard。こちらにもサンプルが用意されています

Windows 10 IoT Core

Hello Worldを実行してみようと思いましたが、エラーが出てダメでした。Visual Studioをインストールしないとダメなのかな?

Windows 10 IoT Core

・・・と、インストール&起動は問題なく完了しました。とりあえずはVisual Studioをインストールしないと何も始まらなそうですね。最新のVisual Studio 2017の情報があまりネットで見つからないのが辛いですが、時間がある時にいろいろ試してみたいと思います

関連コンテンツ
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る