こどもパソコン「IchigoJam」をセットアップする

こどもパソコン「IchigoJam」を購入しました

IchigoJamはプログラミング言語BASICだけが使えるシンプルなパソコンです。ネットにつながらないので、子どもが安心して使えます。おまけに自分で組み立てるキットは1,620円、完成済みは2,160円と格安です

こちらをセットアップしてみました

スポンサーリンク
Google336 記事下

IchigoJam T

現時点での最新モデルの「IchigoJam T」を購入。中学の時に技術の授業で作ったラジオが全く鳴らないくらいの不器用っぷりなので、素直に組み立て済みの完成品を購入しました。同梱物はこんなかんじ

完成品と言いながら、余分なパーツが2つ付いています。丸いのはスピーカーらしいですが、もう1つのCPUソケットとは一体何者?

ネットで調べてみると、旧モデルの「IchigoJam U」にはCPUが中央にデーンと乗っかっています。ですが「IchigoJam T」にはありません。もしかして余っているパーツは真ん中にはんだ付けしないとダメなの?と思いましたが、違いました

「IchigoJam T」のCPUは旧モデルより小さくなったらしいです。真ん中の小さなのがCPU。なのでこのCPUソケットは使わなくても大丈夫みたい。丸い方のスピーカーはつけないとビープ音が鳴らないので、SOUNDとGNDに差し込みました

IchigoJamの準備はこれでOK

キーボード

IchigoJamにはUSB端子が付いているので、USBキーボードを繋げられるかと思ったら、PS/2に対応したキーボードが必要なのだそうです。結構ややこしいですね。今回は「エレコム 有線ミニキーボード メンブレン式 ブラック TK-FCM077PBK」を購入しました。

このキーボードはPS/2対応でUSB接続できます。まさにIchigoJamでの利用にぴったりです。PS/2接続できる変換アダプタも付いていますが、今回は使いません

モニター

IchigoJamはビデオ入力端子のあるテレビにつなぐことができます。我が家にはテレビがないので、この車載モニターを購入しました

もうちょっと大きいと思っていたら、iPhone Plusより小さな画面で驚きました

モニターからは3本の線が出ています。これをどうやってIchigoJamにつなげばいいのか・・・

モニター用アダプタ

モニターは車載がメインなので、アダプタが付いていません。なので、DC12Vのアダプタが別途必要です

家にあったハードディスク用のアダプタが使えそうだったのでこちらを使うことにしました。何でも捨てないで置いておく癖がついに役に立つ日が来ました

使ったのはこのアダプタ

これをモニターから出ている赤いコードにつなぎます。うんピッタリ

アダプターだけでも売っています

モニターとIchigoJamをつなぐケーブル

モニターからの黄色のケーブルがIchigoJamの黄色い端子に繋がると思っていたら、どう頑張っても繋がりません。なんと、別にビデオコードが必要だったようです。というわけで、ダイソーで調達

この中の1本だけ使います

今回はわかりやすいように黄色をつなげました

IchigoJam用の電源

microUSBをアダプタに接続します。こちらは家にあったUSBケーブルと、iPhoneの充電アダプタを使いました

接続関連はこれで完成

いざ起動

スイッチをONにして・・・無事起動しました!

無駄なケーブルが多いですが、起動したのでよしとしましょう

では、BASICプログラムにチャレンジ!

IchigoJamは、すべてのこどもにプログラミングのきっかけを提供するべく、1,500円で買えるプログラミング専用こどもパソコンです。
関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る