chibi:bit(micro:bit)でプログラミング1【入門編 その1】

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

chibi:bitは教育向けマイコンボードであるmicro:bitの互換機。イギリスではmicro:bitが11歳と12歳の小学生全員に配布されているそうです

そのchibi:bitを昨年末にスイッチサイエンスさんで購入したですが、全く使いこなせず放置状態。作ったプログラムはテキストをスクロール表示させたり、Aボタン・Bボタンを押すと反応するという超初歩的なものくらい

日本ではマイナーな端末なので入門書も発売されていませんし、公式サイトは英語だし、楽しいことが色々できそうなのに、どこから手をつけていいのかさっぱりわかりません。日経ソフトウエアの特集記事も読みましたが8ページだけだったので、あまり詳しい使い方まで触れられていませんでした

そこで見つけたのが「Microsoft Block Editor」のレッスン。レッスンというくらいなので、一通りやれば勉強になりそうです

というわけで、そのレッスンを一通り試してみたので、そこでわかったことや作例などをまとめたいと思います。レッスンは「Microsoft Block Editor」と「JavaScript Blocks Editor(旧名:Microsoft PXT)」の両方の開発環境で試しましたが、JavaScript Blocks Editorの方が使い勝手がいいので、JavaScript Blocks Editorを使った画面で説明します

JavaScript Blocks Editorはこちらです
実機を持っていなくてもシミュレーターで確認できます

スポンサーリンク
Google336 記事下

まずは基本操作

ブロックをステージに配置してプログラミングしていきます。Scratchと同じですね

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

ブロックを削除するときは、左のブロック一覧のエリアにドラッグすれば削除できます。deleteキーでも削除できます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

「最初だけ」の中にブロックを入れれば実行されます。この他に「ずっと」ブロックやイベントが起これば動作する「ボタンAが押されたとき」ブロックなどがあります

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

ブロックは上から順に実行されます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

else if文の作り方

Scratchと同じく「もし〜なら〜」と「もし〜なら〜でなければ」の2つのブロックが用意されていますが、「でなければもし〜」を追加することができます

歯車アイコンをクリックします

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

すると吹き出しが表示されるので・・・

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

この吹き出しの中でブロックを組み立てます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

必要なだけ追加します。もう一度歯車アイコンをクリックすると吹き出しが閉じます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

if 〜 else if 〜 else 〜のブロックが作成できました

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

変数を追加する

変数カテゴリの「変数を追加する」を選びます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

変数名をつけます。日本語でも大丈夫

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

作成できました

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

新しく作った変数が使えるようになりました

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

基本操作はこんな感じです。次はプログラミングでできることです

数字を表示する

「数を表示」ブロックに数字を入れれば数字がLEDに表示されます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

10以上の数字を入力するとスクロールして表示されます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

テキストを表示する

2桁以上の数字と同じように、スクロールして表示されます。残念ながら日本語の表示はできません

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

ユーザーの入力に反応する

起動すると「ASK ME A QUESTION」と表示、Aボタンを押すと「YES」、Bボタンを押すと「NO」、端末を振ると「MAYBE」と表示されるプログラムです。質問に対してchibi:bitが答えてくれるというプログラムですが、これだと答えが固定なので、ランダム処理を入れれば面白くなりそうです

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

「ゆざぶられた」の他にも、端末の方向を取得することもできます

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

「画面が上になった」・・・LED画面が上に向いている場合
「画面が下になった」・・・LED画面が下に向いている場合
「ロゴが上になった」・・・USBを挿す方が上に向いている場合
「ロゴが下になった」・・・USBを挿す方が下に向いている場合
です

一時停止

処理が早すぎる場合は「一時停止」ブロックを入れます。単位はミリ秒なので、1000で1秒です

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

プログラムが完成したら・・・

プログラムが完成したら「ダウンロード」ボタンを押してパソコンにダウンロードします。パソコンとchibi:bitをUSBケーブルでつなげば、chibi:bitoがディスクとしてマウントされます。ダウンロードしたファイルをマウントされたchibi:bitに転送すれば準備完了。リセットボタンを押せばプログラムが動作します

chibi:bit(micro:bit)でプログラミング

つづきます

関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る