【入場無料】春休みにはScratchのワークショップも開催!川崎の「東芝未来科学館」に行ってきたよ

東芝未来科学館

川崎にある「東芝未来科学館」に行ってきました。今何かと話題の東芝が運営している教育施設です。JR川崎駅の改札から出て、ラゾーナ川崎に向かう途中で左にまがってまっすぐ行けば、でっかいモニターがある建物に到着します。その下のフロア(2F)に降りれば到着です

スポンサーリンク
Google336 記事下

展示内容

大きく4つのエリアがあります

・ウェルカムゾーン
・ヒストリーゾーン
・フューチャーゾーン
・サイエンスステージ

今回はサイエンスステージ以外を見学・体験してきました

ウェルカムゾーン

大画面で体感ゲームを体験できます。
モグラ叩きのようなものと、ダンスゲームのようなものがありました

東芝未来科学館

フューチャーゾーン

「エネルギーの未来へ」

2チームに分かれて、発電量を競うゲーム。結構疲れます

東芝未来科学館

「まちの未来へ」

「マチスキャナー」。ジオラマの街にあるマーカーを見つけると、タブレットの中に街にあるいろんな施設の仕組みが再現されます

東芝未来科学館

透明で中の仕組みがよくわかる改札機

東芝未来科学館

「ヘルスケアの未来へ」

自分の映像がブロック化されて、いろいろな体感ゲームができます

東芝未来科学館

「じょうほうの未来へ」

半導体のナノの世界を体験できる「ナノライダー」

東芝未来科学館

画像から情報を読み取る「Visconti」

東芝未来科学館

フラッシュメモリの仕組みがわかる展示。4月からメモリ事業は「東芝メモリ」になるみたいですね

東芝未来科学館

「サイエンスゾーン」

子どもの頃に下敷きをこすってよくやったやつのすごいバージョン。石川五右衛門みたいなってます。50万ボルト

東芝未来科学館

光の三原色がわかる展示。照明の色が変わると、その光が当たったボールの色も違って見えます

東芝未来科学館

ヒストリーゾーン

創業者の部屋

二人の創業者(田中久重と藤岡市助)のゆかりの品々を見ることができます

からくり人形の仕組みを教えてもらえます

東芝未来科学館

これは創業者の1人の田中久重が作った「弓曳童子」のレプリカ

東芝未来科学館

初期の炭素電球。とても暗いです

東芝未来科学館

1号機ものがたり

日本初の自動式電気釜

東芝未来科学館

すごいテレビ

東芝未来科学館

日本初の電機洗濯機。宇宙船みたい

東芝未来科学館

世界初のマイクロプログラム方式のコンピューター

東芝未来科学館

日本初の日本語ワードプロセッサー JW-10

東芝未来科学館

世界初のラップトップPC T1100

東芝未来科学館

日本初のラップトップPC J-3100

東芝未来科学館

世界初のノートPCのダイナブック! J-3100SS 001

東芝未来科学館

ミュージアムショップ

科学にちなんだ商品が売っていました

東芝未来科学館

企画展「オトダマバスターズ」

土日限定の企画展「オトダマバスターズ」を体験しました

自分の太鼓を作って・・・

東芝未来科学館

機械にセット

東芝未来科学館

モニターに映る的めがけてタイミングよく太鼓を叩いてピンポン球を発射します

東芝未来科学館

春休みにはプログラミング教室も

「世界一やさしいプログラミング教室」と銘打ってワークショップが開催されます

東芝未来科学館

期間は2017年3月18日(土)〜4月2日(日)
有料のものから無料のものまで、いろいろ開催されますが、残念ながら予約が必要なワークショップはもう抽選が締め切られています

Scratchを使った無料ワークショップは4月1日(土)と2日(日)。こちらは当日整理券配布なので、まだ間に合います

東芝未来科学館:【春休み特別イベント2017】【LITALICOワンダー川崎】 ゲームってどうやってつくられているの?~はじめてのプログラミング体験~

感想

日曜日に行きましたが、激混みという感じではなく、色々な展示を体験できて娘も大満足の様子でした。ラゾーナ川崎にショッピングに行くなら、ぜひ帰りに立ち寄ってみてください!

東芝未来科学館では、未来社会を創造する当社の最先端技術の方向性を多岐にわたってご紹介いたします。最新の技術成果を、社会生活との関わりや技術者のロマンで、わかりやすく紹介します。また、川崎市の産業観光としてのご案内や、社会科見学、修学旅行などの総合学習の場としてもご紹介いたしております。
関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 教育ブログ プログラミング教育へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る