元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

先日、小3の娘ががっかりして帰ってきました

スポンサーリンク
Google336 記事下

原因はあげパン

どうやら給食のあげパンが中止になったのが原因のようです
これがもらってきたプリント。怒りのあまり破ってしまったらしい

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

プリントにあげパンは2月に提供されると書かれているので、そんなにがっかりしなくてもいいんじゃないの?と言い聞かせても娘は落ち込んだまま・・・仕方ないので、週末にあげパンを買いに行くことを約束しました。何でも、大田区はあけパン発祥の地らしく、鵜の木には「東京あげパン」という専門店があるそうです

鵜の木に到着

東急多摩川線の多摩川駅から2つ目の駅、鵜の木駅に到着

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

駅周辺を散策するも、それらしい店が見つからず困ったなぁ・・・と思っていたら、シャッターの閉まった店を発見
。公式ページには定休日は月曜日って書いてあったのに(この日は日曜日)

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

がっかりする娘に他の店で買おうと言い聞かせ、さらに駅周辺を散策していたら、まさに求めていたパン屋を発見。お目当のあげパンも売っていました。あとでわかった事ですが、このパン屋(ラ・ヴェールさん)が「東京あげパン」のあげパンを作っているそうです

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

こちらがお店で配布されているチラシ

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

昭和27年鵜の木の嶺町小学校の料理師の篠原常吉さんが、固くなったパンをどうやったら美味しく食べれるか?を考え、油で揚げて砂糖をまぶし、病気で学校を休んだ児童の家に届けさせたそうです。これがきっかけとなり、昭和29年6月18日の学校給食の献立にあげぱんが記録に残っています。篠原さんは学校給食コンクールで優勝され、いろいろな場で「あげぱん」を披露したことにより、全国の給食メニューとして広がりました。

ということみたいですね

売っているあげパンはきなこ・シュガー・シナモンの3種類。1個120円とお手頃価格です

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

このあと多摩川までぶらぶら歩いて、土手にすわって美味しくいただきました。娘も大満足です

元祖あげパンを求めて鵜の木に行く

「東京あげパン」だと、あげパンにクリームを挟んでもらったりできるそうなので、機会があれば日曜日以外にまた訪れたいと思います

あげパンは大田区鵜の木発祥です。そんなあげパンを大田区のご当地グルメ「東京あげパン」として新しく進化させる取り組みを行っています。
関連コンテンツ
A8広告
ブログランキング
  • にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

  • スポンサーリンク
    Google336 記事下
    Google336 記事下

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る